ここから本文です

遺言書で相続税が軽減されるとききましたが 具体的には、どうすればよいのでしょ...

mat********さん

2018/2/1808:18:54

遺言書で相続税が軽減されるとききましたが
具体的には、どうすればよいのでしょうか。

この質問は、50代に回答をリクエストしました。

閲覧数:
90
回答数:
8
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bin********さん

2018/2/1809:38:33

ありません。遺言は分配を変えるだけのもので
相続税は遺産の全部に課税されるので遺言に関係
ありません。
相続税は金持ち税です。大体4000万以上ないと
かかりません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

all********さん

2018/2/1810:10:29

kibagami0427さんの回答が正しいと思います

2015年に遺言控除を新設する方針が報道されました
http://www.sankei.com/smp/economy/news/150708/ecn1507080002-s.html
これを受けて行政書士などはビジネス拡大のチャンスと、期待を含めいろいろ書いていたので、その記事をご覧になったのではないでしょうか

平成28年度税制改正審議会で審議されましたが、創設は見送り、長期検討課題となったままで、現時点では遺言控除はありませんし、新設の具体的な予定もありません

さて、具体的にどうすれば良いかというご質問ですが、成立していないので、もし遺言控除をご希望なら、早期実現を祈る、しか現時点ですることはないかと思います

相続税を減らしたいなら、別の方法で何ができるかを税理士に相談です

aku********さん

2018/2/1809:20:43

相続対策の基本は相続税対策ですよね。

遺言書を作れば相続割合を自由に指定できます。減税の特例を受けられるように指定しておくことで相続税を少なくすることはできます。

相続税に関する控除や特例を調べて対応すればよろしいと思います。

tjk********さん

2018/2/1809:10:33

kib********さん

2018/2/1809:05:52

おそらく「遺言控除」の話を聞かれたのではないでしょうか。
2015年時点で政府が構想を発表し、2017年までに実施を目指す、とされていたのですが、審議の結果実施は見送られ、現在は長期検討項目となっているそうです。

むしろ、相続税を少しでも軽減し、なおかつ相続人間のトラブルを極力避けるためにはどのような遺言書を作成するのがよいのか、そちらに注力されるのがよろしいかと。

ter********さん

2018/2/1808:53:17

遺言書は、故人になる人が、その財産の分配について、希望を書くだけで、大抵の場合、相続税が増えたり、相続人同士のもめ事の原因になったりする事が多いです。

そもそも、相続税は、一部富裕層が対象の税金ですから、一般人には関係ありません。

大体、こんな所で相談する時点で、全く関係ありません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる