ここから本文です

太陽光の増設について。 平成24、新築へ太陽光を取付ており、現在42円で売買し...

アバター

ID非公開さん

2018/2/1821:22:27

太陽光の増設について。

平成24、新築へ太陽光を取付ており、現在42円で売買しています。
今年、3台用カーポートへ太陽光6kw設置すると、売買価格はどうなるのでしょうか?

平成24年か

ら、10年間固定で42円で売買できますか?それとも、今年の売電価格に下がってしまうのでしょうか?

また蓄電池は10年固定が終わり、売買価格がぐっと下がってしまう頃に設置するのが良いと考えています。蓄電池の訪問販売の方がたまに来るのですが、まだまだ蓄電池の価格は下がりますよね。

カーポートは欲しいと思っておりましたが、長い目で見てどうするのが賢いのか、わからなくなってきました。

売買価格や蓄電池等、詳しい方、アドバイス等よろしくお願い致します。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
194
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2018/2/1900:19:00

現在設置の太陽光発電設備の出力kWと増設する設備の合計の出力kWによって扱いが異なります。

●増設後の合計出力が10kW未満の場合
売電単価は変わらず売電期間も当初のままです。

●増設後の合計出力が10kW以上の場合
売電単価は変更認定申請が下りた日と電力会社との変更後の接続契約締結日のいずれか遅い日の適用単価に変更されます。
売電の期間は当初の売電開始日からの20年となります。

今回の増設が6kWということなので、パワコンはおそらく5.5kWのものを使用するのではないかと思います。そうなると増設分は5.5となります。
既存設備が4.4kW以下であれば変更後の出力kWが9.9kWですから売電単価も売電期間も変わりません。
既存設備が4.5kW以上であれば変更後の出力kWが10kW以上となるので、売電期間が20年に変更になり、売電単価も変更認定申請が下りた日か電力会社との変更の接続契約締結日のいずれか遅い日の適用単価に変更になります。

蓄電池の導入は売電単価が42円ならばその期間が終わってからでいいと思います。もちろん停電時に備えたい、というのであれば今からでも構いませんが、その場合は「押し上げ効果のない設備」でないとダブル発電扱いになり売電単価が下がってしまいます。

アバター

質問した人からのコメント

2018/2/25 09:24:40

分かりやすい回答ありがとうございました。
増設しても残り5年は42円で売電できそうですね。
これを元に色々考えてみます。
他の方も回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

chi********さん

2018/2/1821:44:15

現在のモジュール容量から3%以上または3kW以上の増設をすると、現在の単価21円に変わります。(事後過積載は規制されています)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる