ここから本文です

消費税増税によって得られるメリットはなんですか?

san********さん

2018/2/1923:42:54

消費税増税によって得られるメリットはなんですか?

国債を減らせれることですかね?それとも社会保障が安定することですかね?

メリットは無いというのはやめてください

閲覧数:
301
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zak********さん

2018/2/2212:36:51

私がいつも言ってる事ですが、

「ごく一部の大金持ち達が暮らしやすくなる」

です。

これしかありません。

やつらだけはものすごくメリットがあるのです。

やつらの生活だけは超ゴージャスになり、贅沢三昧。

それで全体の経済界のカネの動きを「平均数値」にしてみると

「景気は上向きになりつつある」

等と言う、とんでもない大間違いをする連中もいますが、完全に的外れ。

人数的には大多数を占める「一般市民」は物凄い緊縮財政を強いられた日常生活を送る羽目になっているのです。

それなのにバカ政府は

「つらいのは皆一緒。そんななかでも頑張って一生懸命消費活動して下さい。それが景気回復につながるのです」的な阿呆な放言をまき散らかしているのですから、たまったもんじゃありませんよ。

景気が良くなる、と言うのは

「多くの人数の人が、以前よりは多少でも収入が増える、貯蓄が増える、資産を維持増加出来得る」事です。

現状は真逆。

「一部の大金持ちだけが、滅茶苦茶高い利益を上げていい想いをしている」

だけ。

それでいくら株価が上がろうが、そういうのは実体経済とはとてつもなく乖離しているのです。

今の日本の世の中を、全般的な様子を「好景気」などと誤認識しているトウヘンボクは「己の肌で経済を感じていない」のです。

只の机上の空論で〈数値が上昇していれば回復だ〉と、とらえるこの愚かさ。

もう腹立たしい限り。

大金持ちにとって消費税と言うのは

「もっとも痛みの軽い税金」

なのです。

他の、例えば昔の富裕税なんて形式で取られるほうがとってもキツイ。

だから己らが楽になる税制に賛成なのです。

あいつらは利己的なんです。

本来であれば「私は大金持ちだから庶民より税金を多く負担して、その分社会に大きく寄与したい、そうありたい!」

と自分から望むのが筋。

そんな気骨ある大金持ちが昨今絶滅しているのですから、国家としては

「じゃあ、庶民から広く浅くブン捕るか!」

ってな訳で消費税を導入しているのです。

酷い話です。

国家による「弱いものイジメ」でしかありません。

本来、国家と言う『国民の親』は『子供たる庶民』に優しくあらねばおかしいのです。

質問者様の仰る(国債)も(社会保障の安定)も消費増税では解決しません。

何故ならそれは

「今現在、すでに超節制生活を送っている大多数の庶民から、さらに金をブン捕って、それを大金持ちのレジャーに充てている」ような構図だからです。

完全なる破滅の典型図。

金の使い道も熟慮すべきですが、まず「誰から金をとるべきか?」が最重要なのです。

答えは一つ。

「金持ちから集中的に多額の税金を取って、それを国家の為に使う」

です。

よって、庶民からお構いなしに取りまくる消費税、消費増税のメリット、と言うのは庶民には無くて、大金持ち側にあるのです。

極悪非道な消費税を一秒でも早くストップ!

これが景気回復への王道です!

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mac********さん

2018/2/2611:45:31

ざけんな阿部政権、潰れろ

kus********さん

2018/2/2510:58:17

デフレギャップが拡大し、賃下げ圧力が高まり、経営者が安く雇用者を使えるというメリットがあります。

まあ、世の中の大半は雇用者なのでデメリットしかないのが真実です。

さらに、サラリーマンは社会保険料取られてるうえに消費税とくるわけですから、消費税増税は反対すべきだと思いますね。

mit********さん

2018/2/2120:03:43

新規国債発行(財政赤字)が減って財政健全化が進むことと思います。

社会保障費は毎年自然増(今は年5千億円位)が有りますので、給付に負担も増えるのだと思います。社会保障増には増税も必要なのでしょうね。

今回の増税予定では、軽減税率による税収減(標準税率に比べて)、幼児教育や高等教育(低収入者)の無償化等も計られると報道されていますので、赤字削減は減るとは思います。

pen********さん

2018/2/2119:20:52

増税分の8割を借金返済で社会保障充実に2割が決まってたようですが、子育て世帯への充実や少子化対策や社会保障充実などにバランスよく使う事にしたと、この前の選挙の公約に掲げました。
つまり、安部総理の考え次第という事です。

大震災後に決めた復興税も、国会議事堂の化粧直しに使ったし、関係ない沖縄の道路建設にも使ったし、民間企業への補助金にも使ったし、自治体の古くなった施設の建て替えにも使われてます。
被災地でも住民が望まない使われ方もしてます。
結局、単なる増税でした。
流用したって愚かな国民は文句は言いません。
流用した分は何かに使われてどこかに恩恵を受ける人達は居るのですから。
消費税も同じでしょう。

メリット?
税金収入が少なくて、金が無くてあれもこれも出来ないと言ってると、議員の歳費や政務活動費を減らせと言われる。
これは、重要な事。
議員達の収入安泰がメリット。

aim********さん

2018/2/2109:11:10

デメリットしかありません。社会保障の安定と無関係です。国債にはそもそも問題などありません。

メリットなど無いのですが、それを言うのをやめて下さいとはどういうことでしょう。
メリットが無いとどのように困るのですか?

認めたくないなどの理由ならば、それは現実逃避で、むしろ認めてしまえば気持ちは楽になると思いますが。



そもそも景気低迷の状況で増税するのは失政です。
失われた20年などとも言われますが、日本は20年以上失政を続けながら、今だに失政を続けているわけです。その代表が、消費税増税です。

不景気ならば、減税して景気回復を促すのが正しい政策です。景気が過熱した場合は、金利操作や増税で、インフレやバブルの過熱を抑制するのが正しい政策です。

不景気下、景気低迷下で増税しても、デフレ脱却が難しくなるだけですので、政策として間違いです。

日本の現状で増税が必要とされる理由は、政府の借金の増加が問題視されているからですが、そもそも政府の借金の増加は正常であり、問題視することが間違いです。これはとても大切な話ですので、後述します。

消費税は所得の低い人ほど割合の重い税制で、この税制は未来に残るツケとなります。

不景気下では減税が正しいのですが、そこで増税した場合、いつなら減税できるのかというと、不景気の間に減税しなければ、おそらくもう減税はできません。
消費税は景気回復を抑制します。それでいて景気回復してくると税金の影響は不景気と比較して小さくなりますので、減税の必要性が低下するのです。



政府の借金に問題がないという話をします。
そもそも増税などしなくとも、政府は国債で財源を確保できるし、借金が増え過ぎて返せなくなることもありません。その借金を税収から返す必要はありません。

政府(日本銀行を含む)には、徴税権と、通貨発行権があります。

分かりやすく言うと、徴税権は景気の抑制の薬、通貨発行権は政府の借金の薬として効果があります。

政府は20年も徴税権という薬の使い過ぎを続けて、景気を抑制し過ぎています。今は景気回復のために、この薬を減らし、借金を増やして使うべき時期です。

政府は日本円の借金が増えても通貨発行権の薬により、財政破綻することはありません。また、景気が回復して仮にインフレ率が上がり過ぎるようなときには、徴税権という薬でインフレを抑制できます。


政府による借金返済の財源の一部のために、毎年、日銀が通貨発行して貸している事実があります。
メディアを介さない情報、日銀のWebサイトに記載されています。

https://www.boj.or.jp/qssearch.jsp?searchtype=kw&limit=10&qsk1=%e5%...

「借換引受け」と呼ばれています。
借金の返済ではインフレになりません。商売している人のモノやサービスが買われないからです。

これを知らない人で、日銀は政府の借金返済ために通貨発行できない、それをやったらハイパーインフレ(=インフレ率年間13000%以上)になると言い切る人もいます。しかし、日銀は毎年、通貨を発行して政府に貸していて、インフレ率はほぼ0%ですので、それは間違いですよね。

ということで、デフレ脱却しようというときに、増税して借金を返そうとするのは失政です。あらためてハッキリ言いますが、消費税増税にメリットなどありません。



なお、回答者のc_lobbinさんはカテゴリマスター(どこかのカテゴリの)というシステム上の判定を持ってますが、「お金とは何か」を理解していないので、財政についての回答内容は間違いです。

一応、財務官僚などにはメリットがあるでしょうが、大多数の国民にはデメリットしかないですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる