ここから本文です

猫、腎臓病療法食について。 シニア食と腎臓病療法食の違いについてです。 大き...

bbu********さん

2018/2/2011:55:58

猫、腎臓病療法食について。
シニア食と腎臓病療法食の違いについてです。
大きな違いは、たんぱく質量というのはわかりました。
しかし、シニア食でもめちゃくちゃたんぱく質が
低いものが

結構あります(←リンやナトリウムもめちゃくちゃ低い)、療法食より低かったりします。また、腎臓病の療法食ではないけど、腎臓病ケア?みたいな感じで売っている普通食(成分は腎臓病療法食と変わらない値)など。
こういった餌は腎臓病のネフガードにあげてもかまわないのでしょうか?

閲覧数:
86
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tom********さん

2018/2/2012:34:33

ネフガードはヘルスカーボンと言う活性炭の仲間で、老廃物やその元になる物質を腸管で吸着して、便と一緒に排泄させるサプリです。簡単に言うと機能低下してしまった腎臓の代わりに少しでも毒素を体外に排泄させる為のサプリと考えて良いと思います。

なので療法食または普通食であってもあげて問題はないですが、低タンパクの普通食や腎不全の療法食を選んで食べさせた方が効果は大きくなると思います。

低タンパク質なら尿素を作る事が少ないので、ネフガードで吸着する量も少なくて済みますからね 体に溜まってしまった老廃物を出来たら全て取り出したいくらいですからね ^_^

質問した人からのコメント

2018/2/20 12:52:34

ありがとうございました。質問がちょっとおかしいことに今気付きました。回答してくださりありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる