ここから本文です

勤め先の顧問弁護士が、過去親族が犯した窃盗の担当弁護士であることが判りました...

アバター

ID非公開さん

2018/2/2222:20:32

勤め先の顧問弁護士が、過去親族が犯した窃盗の担当弁護士であることが判りました。
先日顧問弁護士が会社に来た時に、そのことを知りました。まだ顔を合わせていません。

身近な親族の罪で、相談や裁判で何度も顔を合わせています。会えばきっと思い出すでしょう。
親友にも親族の罪を内緒にしています。
誰にも相談できず、勤め始めて1か月余りですが退職しようかと悩んでいます。

弁護士には守秘義務があると思いますが、このような時も該当しますか。
また親族のことを会社の人間に話した場合、(訴える気持ちなどありませんが)弁護士を罪に問えるのでしょうか。

閲覧数:
23
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2018/2/2222:32:21

弁護士職務基本規程第23条で「弁護士は、正当の理由なく、依頼者について職務上知りえた秘密を他に漏らし、又は利用してはならない」と定められています。すなわち 弁護士の職務上知りえた秘密は守らなければならないと法律上で義務づけられており、それが守秘義務です。もしご質問者様のご親族に関する情報を漏洩した場合は、この規程に違反することになり、弁護士会へ懲戒請求を起こされ、場合によっては弁護士資格が剥奪される除名処分を受けることもあります。さらにご質問者様がそのことにより会社で不利益を生じた場合は、損害賠償請求を起こすことも可能です。
したがって常識的にご親族の情報を外部に漏洩することはありません。

アバター

質問した人からのコメント

2018/2/22 22:37:26

早速の回答有難うございます。
お陰で安心いたしました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる