ここから本文です

社会保険料(健康保険・厚生年金保険)は、「4月・5月・6月に支給した報酬の届...

sak********さん

2018/2/2615:35:44

社会保険料(健康保険・厚生年金保険)は、「4月・5月・6月に支給した報酬の届出を行い、その年の9月から翌年8月までの標準報酬月額が決定されます。

」とありますが、給料の額が2等級以上変動しなければ、基本的に上記期間は変わることはないのでしょうか。

最新の保険料額表および保険料率は毎年9月と3月頃に改定されると思うのですが、改訂された翌月(10月、4月)の給与から社会保険料額を変えるのではなく、「4月・5月・6月に支給した報酬の届出を行い、その年の9月から翌年8月までの標準報酬月額が決定」で、決まった金額で支払い続けてもいいのでしょうか。(その期間中はいちいち社会保険料を表で確認する必要はないということでしょうか。)

初歩的な質問で申し訳ございません。よろしくお願いいたします!

閲覧数:
542
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sol********さん

2018/2/2616:31:58

2等級以上の変動で更新するのは随時改定の時のみ。456月の定時改定では平均支給額に応じた標準報酬月額を再設定するようなイメージです。

また、途中で保険料が改定された場合は改定された料金を徴収しないといけません。等級は変わらずとも保険料が変わるわけですから。

質問した人からのコメント

2018/2/26 19:21:51

456月に設定するのは、標準報酬月額で、9,3月に保険料が改定された場合は、それに合わせて保険料は変わるんですね。
よく分かりました。初心者に分かりやすい説明をしてくださり、助かりました。

みなさま、本当にありがとうございました。

「厚生年金保険料」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

gte********さん

2018/2/2617:57:39

「給料の額が2等級以上変動しなければ」
これは正しくないです。固定的賃金に変動があって、変動があった給料が支払われる月から実際に支払われた給与平均で算定された標準報酬月額が2等級以上変動した場合のみ改定されます(随時改定)。給料がどんなに大きく変動しても、固定的賃金に変化がなければ随時改定は行われません。

これは標準報酬月額についてのルールでしかありません。保険料率が変わればその月分(その翌月納付分)から保険料は変わります。
ただし
「毎年9月と3月頃に改定されると思うのですが」
健康保険料率は通常3月分(4月納付分)から、厚生年金保険料率は9月分(10月納付分)から改定されていましたが、厚生年金保険料は平成29年9月に18.3%に改定されたのが最後で、今後は、法律が変更にならない限り、行われません。またこの点について法律が変わる予定は今のところありません。従いまして今後、少なくともしばらくは、3月の健康保険料率の改定のみとなります。

xke********さん

2018/2/2616:22:54

保険料率が変更されているなら、
変更後は保険料を見直して徴収する。

たとえば、
「協会けんぽ(全国健康保険協会)」は、
3月分から保険料率を改定しているので、
一部都道府県支部を除いて、
保険料率が増減しています。

[標準報酬月額]に変更はありませんが、
保険料率が増減しているので、
保険料が変更されています。
よって、徴収額も変更されます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる