ここから本文です

渓流のトラウトフィッシングですが、よく「餌は鬼チョロ(カワゲラの幼虫)が一番...

アバター

ID非公開さん

2018/2/2713:57:06

渓流のトラウトフィッシングですが、よく「餌は鬼チョロ(カワゲラの幼虫)が一番」と聞くのですが ほかの川虫(例えばトビケラの幼虫 やカゲロウ幼虫)と比べて本当に釣果に差があるんでしょうか?

「餌の流下の少ない渓流では魚も餌のより好みをしていてはいられないから 餌とおぼしきものが流れて来たら とりあえず口に入れてみる」とも良く聞くのですが、もしそうなら 餌の種類で釣果に大差はつかないんじゃないかとも思うんですけど・・・。

閲覧数:
160
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fresh aquaさん

2018/2/2718:14:11

鬼チョロは山岳渓流をはじめとするところでは在来の大型アマゴやイワナを釣るのには格好な餌になりますが、全ての渓でそうかというとそうではありません。
瀬虫(ヒラタカゲロウの幼虫)は超万能ですが、鬼チョロは全く食わないアマゴの渓が多く存在します。

ちなみに、黒川虫(トビケラ幼虫)も放流魚や下流域にはとても有効ですが、谷育ちの在来天然魚には良い餌とはいえません

  • fresh aquaさん

    2018/2/2722:19:07

    ことわっておきますが、大きな鬼チョロが多く生息する渓でも鬼チョロ食わないのです。だから、単に「そこに生息する虫だからよい」というわけではありません。

    ちなみに、ピンチョロ(ピンピンともいう)はフタオカゲロウの細長い幼虫です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/3/5 20:04:58

ご回答くださった方々ありがとうございました。なぜかわからないけど 渓流によってはエサの種類で釣果に差が付くことがあるのかもしれませんね。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

asasa023さん

2018/2/2717:34:50

私も渓流で餌やフライで釣りをする様になってまだ新米レベルですが、早い段階から釣れる餌の差は感じました。その感じた事はやはりその流域に多数生息している幼生や成虫だったりです。

解禁になって雪代がまだまだ多い時期から渓流の石の裏にはそれなりの数の幼生が沢山へばりついています。
こういう時期の幼生は小型なので、鬼チョロみたいな形のハッキリした物は魚が視認しやすい為に釣れやすいと感じたのではないでしょうか。

解禁直後の水温が低い時期は大きく目立つ餌を苦労無く食べたいと魚も考えているのでしょう。そして水温が上がれば数の力が有利になり食い慣れたものを食うようになる感じがしますね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

多部蒼里さん

2018/2/2716:32:55

川虫を使う場合は、その川に生息する川虫が一番ですよ。オニチョロが生息するのは上流の綺麗な川だと思いますし、緑カワゲラなどは、下流の比較的暖かい水域に棲むしカゲロウの幼虫などは、私は、フタスジモンカゲロウの幼虫を良く使いますが別名砂虫などと言って、砂や木の葉などの体積する比較的中流でも生息するカゲロウの幼虫がおります。またクロカワ虫と呼ばれる、ヒゲナガカワトビゲラなどは、比較的中流で多く生息して上のカゲロウの幼虫と同じく清流に生息するので、
ウグイなどのエサにもなります。
釣果の差異としてはあまり感じませんが、そこの釣り場に生息する川虫類を使うのが一番食いが良いことは間違いありません。
よく渓流釣りはエサ取りに時間を掛けろ。とも言われます。時間かけたくないものですが、段々遡行して上流に行くと捕食対象も異なってきます。
私の知ってる捕食で面白いものはサンショウウオの親ばかりを沢山食べている個体の多い渓流ですね。それだけ食べ物が無いのでしょう。ブドウ虫で釣りましたが、
腹から次々出てきました。川虫じゃないですけどね。また、通常、同じ川虫を捕食してることも多く、筒状の殻に入ったツツトビケラだけを食べてるケースもありました。ストマックスポイトで魚の胃の内容物を見るのが面白いです。消化しかけた川虫は、透明な水に溶かしてみると判別しやすいです。
おっしゃられる通り、渓流魚は、流れてくるものをついばむために、木片や小石なども良く出てきますよね。

2018/2/2715:32:13

泳ぎがへたくそなので捕食されやすいという点と、ボリューム感があるのでトラウトが好餌として認識している可能性はありますね。
ただ釣り餌としては差異を実感した事はありません。

2018/2/2714:19:21

カワゲラの幼虫が一番、というのは初耳でした。
よく言われるのはピンチョロ(カゲロウの幼虫)ですけどね。

ピンチョロは生息域も広く、数も多いので
渓流魚の常食です。

その点カワゲラ類は絶対数は多くないですね。

渓流の石を見てみれば分かりますが
石の表面にびっしり張り付いているのはピンチョロ。

石をひっくり返してポツポツ捕れるのがオニチョロ。

ただし釣果に差があるわけではないと思います。
釣り師の都合で、手に入りやすい餌が一番釣れるということもあるでしょうね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる