ここから本文です

韓国・文大統領のノーベル平和賞受賞は99%決定ですね? 祝! 南北首脳会談実...

i_a********さん

2018/3/608:13:35

韓国・文大統領のノーベル平和賞受賞は99%決定ですね?


祝! 南北首脳会談実現!

この質問は、男性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
547
回答数:
20

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kbv********さん

2018/3/723:10:49

北朝鮮が本当に核開発を放棄するかどうか分からない中では、核放棄が目に見えて初めて制裁を解除するという姿勢が必要だ。
野党は森友問題を持ち出し、安倍政権の倒閣運動をしているが、今はそんな時ではない。
安倍政権を退陣させてはならない。

●【北朝鮮 裏切りの歴史】
1972年 平和的に南北統一を行う「南北共同声明」発表
1974年 38度線の下に南侵トンネルが発見される
1993年5月 北朝鮮によるミサイル発射実験
1994年6月 国際原子力機関(IAEA)の脱退を表明
1994年10月 北朝鮮が核開発を凍結する代わりに米国が軽水炉提供を確約する「米朝枠組み合意」に調印
1998年8月 北朝鮮によるミサイル発射実験
2002年12月 核施設の稼働と建設の即時再開を発表
2003年1月 核拡散防止条約(NPT)脱退を宣言
2005年9月 6カ国協議の共同声明で「一切の核兵器と現有する核計画」放棄を約束。NPT復帰とIAEA査察受け入れも約束
2006年7月 北朝鮮によるミサイル発射実験
2006年10月 第1回目の核実験
2007年2月 6カ国協議で「あらゆる核施設の無力化」に合意
2009年4月 北朝鮮によるミサイル発射実験
2009年5月 第2回目の核実験
2012年2月 核実験一時停止やウラン濃縮活動停止の検証のためのIAEA監視要員受け入れなどについて米朝で合意
2012年4月 北朝鮮によるミサイル発射実験
2012年12月 北朝鮮によるミサイル発射実験
2013年 北朝鮮によるミサイル発射実験
2013年2月 第3回目の核実験
2013年4月 寧辺の黒鉛減速炉の再稼働を宣言
2014年6月 北朝鮮によるミサイル発射実験
2016年1月 第4回目の核実験
2016年2月 北朝鮮によるミサイル発射実験
2016年9月 第5回目の核実験
2017年2月 北朝鮮によるミサイル発射実験
2017年3月 北朝鮮によるミサイル発射実験
2017年4月 北朝鮮によるミサイル発射実験
2017年5月 北朝鮮によるミサイル発射実験
2017年6月 北朝鮮によるミサイル発射実験
2017年7月 北朝鮮によるミサイル発射実験「高度3700km、射程1万kmに及ぶ大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の「火星14」を発射」
2017年8月 北朝鮮によるミサイル発射実験
2017年9月 第6回目の核実験
2017年9月 北朝鮮によるミサイル発射実験
2017年11月 北朝鮮によるミサイル発射実験
2018年2月 金正恩氏の妹、金与正氏ら北朝鮮高官代表団が平昌冬季五輪開会式に参加
2018年3月 4月末にも板門店で南北首脳会談開催を合意

●核・ミサイル開発南北共犯 世界裏切り続けた北朝鮮歴史 金正恩、北朝鮮主導の「統一指令」情報
2018年3月7日AM
北朝鮮が狡猾なカードを切ってきた。
韓国の文在寅大統領と、金正恩朝鮮労働党委員長の南北首脳会談を4月末に行い、米国とは「非核化」と「米朝関係正常化」に向けた対話の意向を示したのだ。
ただ、これまで北朝鮮は世界を裏切り続けてきた。
南北の合意内容にも、前提条件が付けられている。
残り数カ月とされる「核・ミサイル開発」の時間稼ぎに、韓国が加担しているのか。
金正恩氏が1月、北朝鮮主導による「南北統一」の極秘指令を発したとの情報もある。
警戒を強める日米政府。
国際社会は詐欺国家に騙されてはならない。
「北朝鮮との対話で前進があった可能性がある。
世界は見ている。
そして待っている!
偽りの希望かもしれないが、米国はいずれの路線であれ、全力で取り組む用意がある」
ドナルド・トランプ米大統領は6日、ツイッターにこう投稿した。
朝鮮半島の非核化に向けた北朝鮮との対話に期待を示しながらも、本気で非核化に取り組む意思があるのかを、訝しむ内容だった。
米情報当局者は北朝鮮に不信感を滲ませている。
6日に開かれた上院軍事委員会の公聴会で、
ダン・コーツ国家情報長官は
「北朝鮮が核放棄に応じることを示す兆候はない」
と述べ、
ロバート・アシュリー国防情報局長も
「(北朝鮮に)核・ミサイル開発を停止する意向はない」
と断言した。
北朝鮮に対する米国の懐疑的な姿勢を示すかのように、マイク・ペンス副大統領は6日の声明で、
「金正恩政権の核開発を終わらせるため、米国と同盟国は最大限の圧力を加え続ける」
と表明した。
それだけ、韓国と北朝鮮の合意内容は現実と乖離している。
5、6日に北朝鮮を訪れた韓国政府の特使団が発表した内容は、
①4月末に板門店(パンムンジョム)で南北首脳会談開催
②北朝鮮は対話期間中の核・ミサイル実験を凍結
③北朝鮮は非核化のための対話を米国と行う用意がある
④金正恩氏は4月からの米韓合同軍事演習を例年通り行うことを「理解する」と表明
⑤北朝鮮が、体制の安全が保障されれば核を保有する理由がない
などだ。
この通りに事態が進めば望ましいが、巧妙な前提条件も付けられている。
例えば、注目の「非核化」には
「北朝鮮に対する軍事的脅威が解消されれば」
とあり、それまでは核開発を続ける意思を示した。
現実の動きも異なっている。
米ジョンズ・ホプキンス大の北朝鮮分析サイト「38ノース」が5日発表した商業衛星写真に基づく分析によると、北朝鮮・寧辺(ニョンビョン)の核施設にある黒鉛減速炉(5メガワット)が稼働を続けている形跡があることが判明した。
稼働継続が事実であれば、核兵器製造用のプルトニウムの生産を再開した可能性がある。
歴史を振り返っても、北朝鮮が核放棄に応じる可能性は限りなく少ない。
1994年の「米朝枠組み合意」では、北朝鮮の核開発凍結の見返りとして、軽水炉の建設や年間50万トンの重油提供が盛り込まれた。
だが、北朝鮮は秘密裏に核開発を続けた。
核問題をめぐる6カ国協議も、北朝鮮に振り回されるだけの結果に終わっている。
2005年9月には核放棄を確約したが、2006年10月には第1回目の核実験を強行した。
2007年2月には核関連施設を停止・封印することで合意したが、その後も北朝鮮は2009年5月(第2回目)、2013年2月(第3回目)、2016年1月(第4回目)、2016年9月(第5回目)、2017年9月(第6回目)と核実験を重ね、脅威を高めてきた。
「従北」の韓国・文政権を利用し、融和ムードを作り出した北朝鮮だが、裏ではさらに世界を危険に陥れるという情報がある。
北朝鮮に詳しい麗澤大学の西岡力客員教授はこう明らかにする。
「1月に金正恩氏が
『青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)をはじめ、韓国の各機関は主体思想派が全部握った。(南北)統一をせよ』
と指令を出したという話を北朝鮮につながる関係者から聞いた。
核放棄をごまかし、北朝鮮が南北統一を進める恐れがある。
南北首脳会談で南北が話し合いをしているなら、
『北朝鮮は戦争しないのだから、米軍が駐留する必要はない』
と韓国国民も考えるようになる。
そして、在韓米軍を撤退させた後、韓国との連邦制国家を作るというシナリオを金正恩氏は描いているのかもしれない」
北朝鮮主導で、核を持つ巨大な「反日朝鮮国家」が誕生するのか。
安倍晋三首相は日本時間6日夜(米東部時間6日朝)、北朝鮮の動きに対し、
「当面は圧力を高めつつ、各国と連携して状況を見極める」
との方針を、訪米中の河井克行自民党総裁外交特別補佐に伝えた。
河井氏が記者団に明らかにした。
安倍首相は
「対北朝鮮制裁が効果を上げているからこそ、対話の流れになった」
「(北朝鮮が)完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」
を確約しなければならないとも言及したという。
日米をはじめとする世界は、どう北朝鮮に対峙すべきか。
前出の西岡氏は
「『不可逆的で検証可能な非核化を進める』という方針を絶対に降ろしてはならない。
交渉には応じるが、交渉での要求は下げず、北朝鮮が要求を受け入れない限り圧力を緩めないことが必要だ」
と指摘した。

●南北会談合意 「日米の北朝鮮制裁が成果」「核保有で南北統一シナリオも」
2018年3月7日AM
南北首脳会談を4月末に開催することで合意したと発表されたが、核放棄につながるかどうかは疑わしい。
識者からは
「経済制裁は続行すべき」
「核保有で南北統一シナリオもあり得る」
といった見解が聞かれた。
評論家の八幡和郎氏は
「この会談自体は前向きに捉えていい。
これまで安倍晋三首相とドナルド・トランプ米大統領が、北朝鮮の核放棄に向けて経済制裁を行った一定の成果だと言える。
北朝鮮は南北対話が続く限り、新たな核・ミサイル実験を行わないとも表明し、非核化の意思も示しているが、これも日米の要求に沿ったものだ」
と一定の評価を示す。
だが、制裁の解除については慎重であるべきだと主張する。
「北朝鮮が本当に核開発を放棄するかどうか分からない中では、核放棄が目に見えて初めて制裁を解除するという姿勢が必要だ」
と八幡氏。
さらに
「この姿勢を続けるには政治の安定性が必要となる。
野党は森友問題を持ち出し、安倍政権の倒閣運動をしているが、今はそんな時ではない。
朝鮮半島の安定のためにも安倍政権を退陣させてはならない」
と強調した。
ノンフィクション作家の河添恵子氏は、韓国の文在寅政権が描くシナリオを推測する。
「文政権は北朝鮮との連邦制を目指して動いていくだろう。
文氏は表向きは北朝鮮に非核化を訴えているが、連邦制が実現すれば、北朝鮮の核兵器を手に入れ、自衛に使えるようになる。
そうなれば2~3年で在韓米軍が撤退するという話にもなってくる」
河添氏は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が中国の習近平政権と決別する気配もあると指摘する。
「南北閣僚級会談が開かれた今年1月9日は、北朝鮮が中国に設立した合弁企業や全額出資企業を閉鎖するデッドラインだった。
金正恩氏は習政権との決別や、朝鮮半島については我々が決めるという気持ちで南北会談を始めたのかもしれない」
と河添氏。
「習氏は政権内で北朝鮮に近い人間を排除してきたし、北朝鮮にとってはイランなど親しい国がいくつもある。
金王朝にとっては中国はもはや不要だ」

質問した人からのコメント

2018/3/10 08:36:27

回答長過ぎ

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/19件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

mop********さん

2018/3/810:00:32

ブンジェイン政権は中国北朝鮮の傀儡政権だ

その為に中国とアメリカの間をふらふらするパククネを北は工作員を使ってサクッと失脚させ、

アメリカが刈上げの後釜に据えようとした金正男を、殺し屋を使って殺害したのだ

中国と北朝鮮の関係が悪化したことなどここ数年1秒たりともない。ずーーーーっとテーブルの下で中国北朝鮮は手を握り合ってきたのだ

3年ほど前、北の美女楽団が、北京に演奏に行って、関係が悪化したといって演奏せずに帰ってきたが、あのころから中北の関係悪化を演出して、世界中をだますフェイクが始まってたのだ




俺はそのことをこの糞知恵袋で、ず――――っと、つつましくも言い続けてきたw

南北統一して在韓米軍を追い出した後中国朝鮮の矛先は日本に向かう

小室圭のような奴を皇室の男女に接近させ、皇室スキャンダルを流し皇室を解体する

日本の空き地空家をフロント企業が買いあさる

婚姻率の下がった日本の女性を、中国朝鮮の富裕層イケメンがゲットしに来る。日本人は同化される

尖閣・竹島はおろか、佐渡対馬沖縄北方四島、北海道さえ領有権は危うい

そんなことにならないように日本人はこれから一丸とならなければならない
---------------------------------


こういう時に一番危険ないのは獅子身中の虫、つまり日本国内の裏切者である

裏切り者の最大の候補は二つある

それは・・・・・読売と創価学会である

この二つを今後監視する必要がある

id1********さん

2018/3/801:24:58

だまされノーベル賞か? 今まで非核化の約束で何回だまされてきたんだ?

han********さん

2018/3/622:07:47

おめでたい人だ!

g_c********さん

2018/3/621:58:40

死刑確実ですね

kam********さん

2018/3/621:54:33

「馬鹿」に付ける「薬」を探して居ますが、中々見つかりません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる