ここから本文です

"なければ"と"なくては"の意味の違い、使い分けの理由について 「水がなければ生...

アバター

ID非公開さん

2018/3/616:51:55

"なければ"と"なくては"の意味の違い、使い分けの理由について

「水がなければ生きられない」
「水がなくては生きられない」

「すぐ出かけなければ間に合わない」

「すぐ出かけなくては間に合わない」

二組の例文において何か意味の違いはありますか?
語感が違うのでしたらその理由をお願いします。

また、「生活になくてはならないものとなっている」の場合
"なければ"で置き換えられない理由は何ですか?

補足"なくては"の方が口語的に響く理由は何でしょうか?
口語的なのは本当でしょうか?

和辻哲郎の『『偶像再興』序言』には4回ずつ"なければ"と"なくては"が出てきます。
寺田寅彦の『科学者とあたま』にも4回ずつ"なければ"と"なくては"が出てきます。

夏目漱石の『中味と形式』と『私の個人主義』という口述録にはそれぞれ、"なければ"が31回と40回、"なくては"は1回と6回出現します。
一方で同著者の『倫敦塔』という随筆調の小説には"なくては"のみが出てきます。

どちらが口語的で、どちらが文語的、といった違いは感じられません。

閲覧数:
69
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

oji********さん

2018/3/811:11:05

>二組の例文において何か意味の違いはありますか?語感が違うのでしたらその理由をお願いします。

①「水がなければ生きられない」
②「水がなくては生きられない」

③ 「すぐ出かけなければ間に合わない」
④「すぐ出かけなくては間に合わない」


意味の違いはありません。①②は非存在の条件文であり、③④は打消しの条件文です。語感的には②④の方がくだけた印象を受けます。

>また、「生活になくてはならないものとなっている」の場合"なければ"で置き換えられない理由は何ですか?

「生活になければならないもの」でも意味は通じると思います。違和感を感じるのは、「なくてはならない」という語句が、連語のように結びつきが強くなっているせいではないでしょうか。

【ご参考】
「なくてはならない」
https://kotobank.jp/word/%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%A6%E3%81%AF%E3%81...

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/3/815:33:21

    回答有り難うございます。
    質問内容が伝わりづらかったようで申し訳ないのですが、"なくてはならない"がどのような理由で結びつきが強くなっているかを伺いたかったのです。
    もしよろしければ、補足への回答もお願いいたします。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pan********さん

2018/3/813:53:36

この二つの違いについては、いろいろ議論があるそうですが、下記のサイトにわかりやすい解説があります。

詳しくは、下記をご覧ください。

一般的な解説では、
これらの形式間に意味の違いはありませんが、「いけない」より「ならない」の方が文体的にやや硬くなります。さらに書きことば的な形式に「~ねばならぬ」もあります。
とのことです。

●庭 三郎 の 現代日本語文法概説
http://www.geocities.jp/niwasaburoo/36gimuhosetu.html
◇抜粋
阪田雪子・倉持保男『教師用日本語教育ハンドブック4 文法Ⅱ 改訂版』(1993) 国際交流基金・凡人社 p.97-103
「なければならない・なければいけない」は「当為」の表現などと称されることがあるように、ある事態に直面して、いかなる行動をみずからに課すかという時、そうすることが義務だ、あるいはそれ以外の選択はないという判断をくだす意を表す。
この両形
は、文体的な面で前者が文章語的、後者が口頭語的であるという面が観察できるが、素材のあり方や判断の内容においてはかなり近似しており、その意味の差異を明確にとらえることは困難である。強いて差異を求めれば、前者は意志による選択の可能性を残さないものとして、後者は選択の余地があるにせよそうするしかないものとしてとらえているという傾向が認められる。
この両形の異形態として、「ねばならない」「なくてはならない/なくちゃならない」「なくてはいけない/なくちゃいけない」などがあるが、文体面の差異を除いては上の両形と同様に考えられる。

●国際交流基金>日本語教育通信 文法を楽しく「表現意図 -義務-」
https://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/teach/tsushin/grammar/2015...
◇抜粋
1)~なければ+ならない、~なければなりません
2)~ない+と+いけない、~ないといけません
3)~なくては+ならない、~なくてはなりません
4)動詞ナイ形+ざる+を+得ない、~ざるを得ません
5)動詞ナイ形+ない+わけにはいかない、~ないわけにはいきません

1)の「~なければならない」は義務表現の代表的なものですが、やや形式的で硬い響きがあります。もう少し自然な形として、また会話体として、2)の「~ないといけない」がよく用いられます。ただし、「~ないといけない」は「いけない」(例:タバコはいけない、居眠りをしてはいけない)を含んでいるため、禁止のニュアンスがあり、やや強く響きます。
3)の「~なくてはならない」と、1)の「~なければならない」はほぼ同じ意味になりますが、前者のほうがやややわらかく、口語的な響きがあります。
4)「~ざるを得ない」は書きことば的な表現で、意味としては「そのほかに選択肢がないから」「仕方がないから」そのことをするというニュアンスを持ちます。dでは、「課長への説得はしたくないけれど、自分はリーダーなのだからやるほか仕方がない」という意味になります。
5)の「~ないわけにはいかない」は、常識や社会通念、過去の経験に照らして「そうしないのは不可能だ→そうしなければならない」という意味になります。リーダーというものに対する社会通念から考えて、課長への説得はリーダーとしての義務だということになります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる