ここから本文です

宝塚歌劇の月組公演、カンパニーでの質問なんですが、 ちゃぴ(美波)はスリか...

nwo********さん

2018/3/1123:46:48

宝塚歌劇の月組公演、カンパニーでの質問なんですが、

ちゃぴ(美波)はスリから助けてくれたたまきち(誠二)のことを
「そんなあいつを忘れられないのぉ~」とかわいく思うシーンがあるんですが、

なんであいつ呼ばわりなんでしょうか?
折角のかわいいシーンなのにと思いました。

カンパニー,たまきち,美波,あいつ,宝塚歌劇,サラリーマン,書道

閲覧数:
456
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cry********さん

2018/3/1201:23:38

自然ととるか、不自然と考えるかでしょうが、「(「カンパニー」という現代劇においては)あれが自然」派ですね、私は。

「そんなあの御方を忘れられないのぉ~」だと、相当不自然だと思います。

「そんなあの人を忘れられないのぉ~」も、やはりちょっと違いますね。


原作は読んでなにので何ですが、もっさりしたサラリーマンなんですよ、実は。
書道と空手を習っていたサラリーマンですよ。書道のおかげで総務部では重宝された、と自分でしみじみと言う。

コンビニでアルバイトしながらバレリーナを続けている美波からすれば、(助けてくれた、というような出会いがなければ)ある意味「うへぇー、カンベンしてぇ~」級の異星人でしょう。

あの言い方こそが「カンパニー」を見るにあたってのポイントだと思います。

石田昌也先生は、美波の気持ちの表現としては「あいつ」という呼称がふさわしい、と、そのように考えたのだろう、ということですが。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる