ここから本文です

クリーニング トラブルについての質問です。 ナイロン素材のダウンジャケットにシ...

sno********さん

2018/3/1312:06:58

クリーニング トラブルについての質問です。
ナイロン素材のダウンジャケットにシミをつけてしまったので、クリーニングに出しました。

クリーニング店でシミを見てもらい、通常のクリーニングで落ちるか確認すると、「大丈夫です」とのことでお願いしました。

ところが受け取り時に確認すると、戻ってきたジャケットのシミは全く落ちていませんでした。
もう一度預かるとのことでお願いしました。

次の受け取りでシミは落ちていたのですが、今までなかった点状、引っ掻き傷状の色落ちが両ポケットのチャックの持ち手付近に無数にできていました。襟元にも引っ掻き傷のようなものがありました。
もう一度預かるとのことで、お願いしました。

又、受け取りに行くと、点状・引っ掻き傷状の色落ちはなおっておらず、その周辺が黒ずんでいました。又、襟元の生地がわずかに裂けた傷ができていました。

クリーニング店の説明
点状・引っ掻き傷状の色落ちは、元々あったものがクリーニングした事で露出しただけなので、当店の100%の過失ではない。クリーニングではそのような傷はできない。クリーニングで付いた傷、色落ちではないと言われました。黒ずみは色をのせたので落ちる。とのこと。

そこで質問なのですが、実際のところクリーニングで、チャックの持ち手の部分で生地を痛めるという事はないのでしょうか?傷の跡が付いている部分が、今回クリーニングに出した時の持ち手のある位置周辺だけ(両ポケットそれぞれ中途半端な位置までチャックを締めてクリーニングに出しました。)なので、とてもそうは思えないのです。
よろしくお願いします。

閲覧数:
163
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2018/3/1414:58:01

シミが落ちなかったのを洗い直すことで落ちたって事なので、ドライクリーニングで洗い落ちなかったシミを水洗いしたら落ちた、あるいはその逆。

色もドライクリーニングでは落ちなかったモノが水洗いしたら落ちたって可能性はありますね。その逆もあります。

色は可動部分や良く擦れる部分があると、その部分のみ色が落ちたりします。汚れと一緒に傷みが出ている部分の染料が繊維から離れてしまい洗い流されてしまうためです。

基本、傷みが出ていてもドライクリーニングの方が色落ちが出る可能性は低いです。

色が落ちることで目立たなかった、あるいは気が付かなかった傷が目立つようになり気が付いた可能性もあります。

傷に関しては、ファスナー部分の場合、持ち手など金具が付けられていると、その金具が洗う際に本体に当たり傷つけることはあります。

両方のポケット付近と、同じような場所に傷がついている場合、金具が傷つけた可能性と、ファスナーなど稼働する部分は開け閉めするたびにこすれるので使用中に傷ができる可能性もあります。

特にモンクレールやヂュペチカなどものすごく薄いナイロン素材の場合、着用中のスレにより細い線状の傷ができる事はよくありますね。

黒ずみは色上げ剤と言ってスレなどで色が薄くなった時に回復させる薬剤があります。回復するものとしないモノがあり、クリーニングすると落ちるので色を乗せているわけではないと思います。

着用時の傷みなのかクリーニングによる傷みなのか実際にはわからないですね。

現物も見ていないので何とも言えないのですが、可能性はどちらもあるともいます。

質問した人からのコメント

2018/3/14 15:12:41

クリーニングで物理的に傷がつくことはないと言われたので疑問を持ちました。
どちらかはわからないが、あり得るということで話し合いを進めたいと思います。
わかりやすく、詳しくご説明いただきありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

暮らしと生活ガイド

家事

  • 掃除
  • 洗濯、クリーニング
Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる