ここから本文です

最近各地で頻繁に地震が起こっていたり、イルカが

アバター

ID非公開さん

2018/3/1317:36:46

最近各地で頻繁に地震が起こっていたり、イルカが

群れでジャンプや、新燃岳が噴火したりしていて
南海トラフの前兆かな?と思ってしまいます。

このようなのは、地震の前兆と関連ありますか?

閲覧数:
154
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mas********さん

2018/3/1322:06:24

”最近各地で頻繁に地震が起こっていたり”については、
南海トラフ巨大地震と、
・震源地は近いのか
・地震発生のメカニズムは似ているのか
といった部分から、総合的に判断する必要があります。
後者の場合、東日本大震災だと、
(地震そのものを示す名称:東北地方太平洋沖地震)
「東北日本が乗る陸側のプレートが、
日本海溝に沈み込む太平洋プレートによって引きずられることに伴って
蓄積したひずみが開放されることにより、
太平洋プレートの上面で発生した」のが発生のメカニズムです。
平成28年熊本地震だと、
「南北方向に張力軸を持つ右横ずれ断層型(正断層成分を含む)」です。
たとえ、南海トラフ巨大地震の”想定震源域”内の地震であっても、
発生のメカニズムが違う場合は、前兆とは言い難いとなるのです。
”イルカが群れでジャンプ”については、
そんなに珍しいものでは無いかと・・・。
巨大地震の前触れとしてよく騒がれるのは、
死んだ深海魚が海辺に打ちあがるという報道ですね。
たま~にある、リュウグウノツカイが捕獲された的なもの。
深海魚が泳ぐところは主に海底で、
場所によっては、トラフ(海溝)の直ぐ近くを泳ぐ種類も。
深海魚が死んで海面に浮きあがって来るのは、
海底に”何らかの異変”が生じて、これに驚いて死んでしまい、
浮上したという解釈ができるからです。
大地震が発生する直前に、想定震源域の端っこがゆっくり滑り始める、
「前兆すべり」という現象との関連が指摘される事もあります。
”新燃岳が噴火したりしていて”については、
南海トラフ巨大地震以外の地震にも言えます。
具体的には言えませんけど・・・。
火山の噴火=地震は、切っても切れない関係性ですね。
世界的に見ると、地震発生の頻度が高い場所を線で辿ると、
プレート(岩盤)との境界線であるトラフ(海溝)と、
火山がある場所の近くを通っています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる