ここから本文です

80代の母に対する医療について。 病院関係の方に質問させてください。 私の母...

iin********さん

2018/3/1718:37:08

80代の母に対する医療について。

病院関係の方に質問させてください。

私の母は、現在、町の病院に毎月一回通っています。

心電図をとったり、骨密度測定、血液検査をたびたびしてしています。

薬は、ノイキノン錠10mg、アトルバスタチン10mg、

骨粗鬆症の薬を2種類飲んでいます。

初め、軽い息切れがあったりしたのと、コレステロール値が悪いのは確かなのですが、

検査の頻度が多く感じます。

2か月に一度くらい。

脈がおかしいとすぐ心電図。

1割負担とはいえ、そんなに検査しないとダメなんでしょうか?

診療報酬のためでは・・・と疑ってしまいます。

しかし、80代だと、こまめに検査するのが常識なんでしょうか?

回答いただける方、よろしくお願いします。

閲覧数:
78
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

huz********さん

2018/3/1721:11:07

脈がおかしくて心電図を取らなかったら、何かあった時になぜあの時心電図を取らなかったんだと医師の責任を追究されてしまいます。

ご家族もしくは本人から、もういい年なので検査の頻度を少なくしてもらえませんか?と頼んでみたらいいと思います。検査の頻度を少なくするか、もしくはそれなりの説明をしてもらえるかと思います。

質問した人からのコメント

2018/3/21 21:16:12

みなさま、回答ありがとうございました。
言いづらいですが、看護師さんにそれとなく聞いてみたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kkk********さん

2018/3/2012:35:01

それをお母様が望んでいらっしゃるならそのようにしてあげればよろしいかと思います。

お年寄りにとって、病院は集会所のようなモノで月一で顔を出さないとご友人に心配されたりもします( ̄∀ ̄)

まあ、病院にとってはありがた迷惑なハナシですけどねw

逆に行きたくもないのに無理矢理検査を受けさせられているなら考えなきゃならんですね。


先ずはお母様の意向を確認しましょう。

shi********さん

2018/3/1918:50:45

結論から言います。

『健康診断を受けることで寿命が延びるという証拠など一切ありません』

……病院の金づるにされているだけなので、もう金輪際行かないようにさせてください。

klo********さん

2018/3/1721:59:02

申し訳ありません、病院関係者でなく素人です。

スタチンは副作用の強い薬ですから、
2ヶ月に1度程度の検査は必要かもしれません。
しかし、75才以上の女性に対して、コレステロールが高いだけで
スタチンを出すことには疑問があります。

女性ホルモンには、LDLコレステロール値を下げる作用をはじめ、
血管を保護する様々な効果がありますので、女性ホルモンの値が
下がってくる更年期以降の女性では、LDLコレステロールの値が
上がってくるのが自然の摂理です。だからといって、そのことに
よって動脈硬化が進むということではありません。

製薬会社に研究費等を負担してもらっている日本動脈硬化学会から
クレームはつきましたが、日本人間ドック学会が実際のデータを
反映して作った基準では、次のようになっています。

LDLコレステロールは、従来は60~119mgを「異常なし」としていたが、
45~64歳では男性72~178mg、女性73~183mgは健康とされる。

<参考-1>
https://www.jpn-geriat-soc.or.jp/tool/pdf/guideline2017_03.pdf
「高齢者脂質異常症診療ガイドライン2017」
(一部抜粋)
従って,動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012 年版においては,
スタチンは前期・後期高齢者における二次予防,前期高齢者に
おける一次予防において心血管イベント発症リスクを低下させる
と記載されており,75 歳以上の高齢者の一次予防に関して,
スタチンによる脂質低下治療を行うかどうかは主治医の判断に
委ねられていると言えるが,複数の疾患を有し多剤を服用して
いる患者が多いため,副作用の発現などリスク・ベネフィットの
重視が求められる.

<参考-2>
https://medicalnote.jp/contents/160511-003-GS
75歳以上の高齢者に対する脂質異常症治療薬-必要である場合と、
必要ではない場合
(全文をお読みになることをお勧めします。)

<参考-3>
jsln.umin.jp/pdf/guideline/comment20150427.pdf
「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015、脂質異常症」の
ストップ薬物、スタート薬物についてのコメント・提言
(全文をお読みになることをお勧めします。)

zer********さん

2018/3/1719:02:08

おっしゃるとおり、検査を頻繁にする所が有ります。
理由は、患者様の為、診療報酬の為、2通りだと思います。どちらかは分かりません。
患者様も、頻繁に検査する事を喜ぶ人と、嫌がる人がいます。医師も患者が言わないと分かりません。
はっきりと意思を伝えましょう。大抵は、意思を尊重してくれます。
どうしても検査が必要なら、理由を教えてくれます。
それでも納得行かなければ、医師を変える手も有ります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる