ここから本文です

元ロッテの近藤重雄投手を知ってますか?

アバター

ID非公開さん

2018/3/1720:00:53

元ロッテの近藤重雄投手を知ってますか?

1971年

ロッテ球団は三十日午後、東京・西久保の球団事務所で、ドラフト5位で指名した近藤重雄投手(29)=学法石川高出、川崎コロムビア、173㌢、76㌔、右投げ右打ち=の入団を発表した。同選手は石川郡浅川町の出身、学法石川高時代は本格派投手として脚光を浴び、県高校野球界でも三振奪取記録を残すなど期待されていた。「コロムビア」では下手投げの技巧派投手として活躍、三十九年の第三十五回都市対抗野球で久慈賞(敢闘賞)を獲得している。

閲覧数:
41
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/3/2116:38:25

以前学習しましたね。
知ってます。

学校法人石川高等学校では、1960年夏の甲子園県予選で準決勝(東北大会代表決定戦)に進むが、双葉高に延長11回敗退。

この予選では7試合64回を投げ、夏の地方大会記録となる110三振を奪った。

卒業後は日本コロムビアへ入社。

1964年の第35回都市対抗野球大会では決勝まで進出し、日本通運の田中章と投げ合うが惜敗。

準優勝に終わったが、大会での活躍ぶりが認められ久慈賞を受賞した。

同年10月には東京五輪デモンストレーションゲームとして開催された、社会人野球選抜と米国大学選抜との試合にも登板している。

1971年プロ野球ドラフト会議でロッテオリオンズから5位指名を受け入団。

指名時の年齢は当時のドラフト史上最高年齢の29歳1ヶ月であり、すでに結婚して1女をもうけていた(現在の最高齢記録は市村則紀)。

初勝利は1972年5月10日の西鉄戦(東京球場)。

先発・成田文男を6回からリリーフして以後の4回を2安打0点に抑え、打線の大量援護にも恵まれた。同年は2勝に終わるが、翌1973年は主に中継ぎとして6勝を記録。


1974年には中継ぎ、抑えとしてチームのリーグ優勝に貢献。

しかし中日ドラゴンズとの日本シリーズでは登板機会がなく、同年限り、プロ生活3年で引退した。

スリークォーター気味の投球フォームからスライダー、シュート、カーブを投げ分けた。

通算107試合登板。
10勝9敗2S
防御率4.03

背番号
15 (1972年 - 1974年)

決め球のシュートとスライダーは「打者一巡を押えてくれるだけで十分」。

アバター

質問した人からのコメント

2018/3/21 17:38:52

うひょああああ

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gol********さん

2018/3/1911:33:53

たしか 年くぅて入団して パパさんルーキー
とか言われたね

yut********さん

2018/3/1720:04:05

知らない。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる