ここから本文です

毛利家(長州藩)は毛利元就の実弟、相合元綱の殺害事件の隠蔽や偽造に失敗したの...

min********さん

2018/3/2121:51:28

毛利家(長州藩)は毛利元就の実弟、相合元綱の殺害事件の隠蔽や偽造に失敗したのですか?

甥(長兄の子)で当主だった毛利幸松丸の死は「変死」といかにも暗殺を隠蔽したような書き方をしています。
だったら元網の殺害も「自害」とか「謎の病死」と言ったにすればいいのに。
毛利家と言えば、兄弟の団結を説いた三矢の教えが有名ですから兄弟殺しは隠蔽したいでしょうし。

閲覧数:
164
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

che********さん

2018/3/2219:40:48

長州藩(毛利家)が、相合元網の殺害事件を隠蔽したり偽造したりする必要や理由はないと思いますが?

新井白石が元禄15年(1702年)に著した「藩翰譜」では、次のように書かれています。(コマ番号62/86)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1142651

「興元早世し、其子幸松丸八歳にて家を継ぎ、十三歳にて死す、一説幸松丸九才にして早世すといふ。元就、就勝、興元が遺領を争ふ。」

幸松丸の死については「早世」と書かれており、元就と争ったのは相合元網(少輔三郎)ではなく上総介就勝だと書かれています。

それから90年後の寛政年間に編纂された「寛政重修諸家譜」では、幸松丸と元網について以下のように書かれています。(コマ番号128/617)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1082713

幸松丸 大永三年七月十五日卒す、年九
元網 四郎 相合を称す、逆意を企るにより討果さる

幕府側の史料では、幸松丸の死についてとくに「変死」という認識はないようです。
相合元網が誅殺されたのは元就に対して反逆を企てたからで、こういった兄弟相克の争いは、伊達政宗や織田信長の例にも見られるように戦国時代にはよくある話です。

そもそも毛利元就が「三本の矢の教え」で兄弟の団結を説いたのも、自分自身の弟殺しを後悔して自責の念にかられ、二度と同じ過ちを繰り返したくなかったからだったのではないでしょうか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bir********さん

2018/3/2417:55:44

相合元綱の毛利元就に対する謀反未遂は、
元綱が単独で企てた、というより尼子や
安芸、石見にも領土もつ毛利の親族にして
強敵だった高橋こういった黒幕の後押し
、あったと考えるべきで、むしろ元就は
弟が尼子や高橋に、そそのかされて
反乱したとして、それまで臣下した尼子
に敵対することに転向したし
毛利は後に高橋を傘下に吸収してしまった。
したがって元就は弟の謀反未遂を隠蔽する
より大々的に、公開したようです。

yos********さん

2018/3/2416:45:16

毛利幸松丸は主家で、相合元綱の場合は元就が主家です。

主家である兄が、謀反方に担がれた弟を殺すことは全く非難されることではありません。

毛利幸松丸を暗殺したという確証はありません。

ouh********さん

2018/3/2123:07:14

毛利家は、幕末の中山忠光の殺害も隠していません。

そういう環境なのだと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる