ここから本文です

連結会計について質問です。

yai********さん

2018/3/2312:41:33

連結会計について質問です。

子会社や関連会社の一部売却についてなのですが、子会社はのれんを考慮しないのに対して、関連会社はのれんを含めた分を売却するのはどうしてでしょうか。

閲覧数:
39
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ske********さん

2018/3/2313:21:10

子会社=連結子会社
関連会社=持分法適用会社
とします

のれんとは超過収益力を指します
連結においては子会社の超過収益力ですので
のれんは子会社の資産となります

一部売却しても連結上は子会社を支配していることに変わりはありませんから子会社の資産等はそのまま残っていますよね?
のれんも子会社の資産なので同様にそのまま残ります

一方、持分法の場合はというと
関連会社を支配している訳ではありませんので資産等は合算しません
関連会社への投資勘定を用いて関連会社の上げた利益から投資割合に応じてもらえるであろう分を加算する処理です

従って関連会社の超過収益力の恩恵(利益)をどれだけ受けられるかというのは投資割合によって決まります
そのため投資割合が減少すれば自分がもらえる超過収益力は減少しますので投資勘定に含まれるのれんを投資割合に応じて減少させます

質問した人からのコメント

2018/3/23 14:06:43

とても分かりやすい解説ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる