ID非公開

2018/3/24 20:35

44回答

録音レコーダーZOOMのH6という製品の使用方法について。 録音した音量が小さいのでは?

録音レコーダーZOOMのH6という製品の使用方法について。 録音した音量が小さいのでは? ‥と思ってます。 映像を作るにあたって、こちらの製品を使用しました。 本体に音声を録音したのと、XLR端子のマイクを差し込んで録音した2種類です。 編集ソフトはEdiusを使用しています。 実際に音量を確認すると、どうも小さくて‥。 音割れを気にしながら、それでも最大(10)に近い8前後程で録音しました。 喋る人物との距離は1M~30センチ程で、普通に録音範囲内です。 極端に音量が小さいというわけではないのですが、カメラの内蔵マイクで録音された音量よりも小さいのです。。表現が上手くないですが、結構小さいのです。 電池も普通に満タンです。 これは何故でしょうか? 音声自体は綺麗なのですが。。 そのため、編集時に音量の調整をして最大にしたりもします。 しかしそれでも理想の大きさにはなりません。 そのため、音声にエフェクトの「グラフィックイコライザー」を使用して「マスター」を調整することでより大きくしています。 こうすれば大きくはなるのですが、少し大きめに録音された箇所に入るとすぐに音割れが発生してしまいます‥。 この製品をこれからも使っていきたいと思ってますが、どうもこの点に違和感があります。 上手い使用方法、また上手く音量を調整する編集方法を教えていただければ幸いです。 ご回答お待ちしております。 よろしくお願い致します。

音声、音楽 | オーディオ294閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

確かに音が小さい時がありますね。 その時の対応ですが、多少時間はかかりますが「ノーマライズ」 取説54ページ、します。 このH6にはバックアップ録音機能でー12dbで録音する機能があり ますがこれをオンにして、バックアップ録音を聞いていることは ないですか? このH6の入力レベル確認機能として、VUメーターがあります ので、セットしているときに確認されたらいかがですか? ・

この返信は削除されました

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様方、ご回答どうもありがとうございます! ノーマライズと、コンプなど、恥ずかしながらよく知らなかったのが事実です。 勉強させていただきましたm(__)m ベストアンサーを選ぶのは難しかったのですが、今回はabcさんを選ばせていただきました。 どうもありがとうございます!

お礼日時:2018/3/30 19:08

その他の回答(3件)

0

編集時に音量の調整をして最大にしても、理想の大きさにはならないというのは、最大音量の問題ではなく、全体としての音量レベルの問題でしょう。 対策は、H6でコンプが使えますから、それを試して下さい。(マニュアル79ページ) また、コンプを使うまでもなく、リミッターを使ってもある程度効果はあると思います。 その理由は、編集時に音量の調整をして最大にしても、それは音量のピークを0dBに設定するだけです。もともとの音量のピークが大きければ、全体としての音量はあまり上げられません。しかし、リミッターを使って音量のピークを抑えてやれば、編集時に音量を上げられる幅が増加します。あるいは、音割れを気にせず、録音時の音量をさらに上げることができます。 それでも効果が不十分なら、次にコンプを使ってみるという順番になります。 もちろん、コンプは編集時にもかけることができますが、作業の手間を省くには、初めからある程度満足できる音声を作っておくことです。 なお、「XLR端子のマイクを差し込んで録音」では分りませんから、そういう場合はマイク名を書くようにして下さい。 (今回は録音レベルの問題ではなさそうなので、マイク名が分らなくてもそれは無視して回答できましたが。)

0

カメラは、おそらくオートレベル録音なので、いつも目一杯の音量で録音できています。 それに対しH6はダイナミックレンジが広いため、大きい所は大きく小さい所はうんと小さいので、全体に小さく聴こえるのでしょう。 編集ソフトで波形を見て、ほぼ同じになるようにH6のほうにコンプをかける。またはH6でコンプ掛け録りも試してみる。オートも。 私はレコーダー別録りするときは、カメラ音声と完全に入れ替えます。レコーダーのほうが圧倒的に音が良いので。

0

ID非公開らしい質問。 基本も知らないで、いくらあてはずれな作業しても、望む結果にはなりません。 「H6」を使用したことがないので細かいことはわからないけれど。 まず、あなたが正しい操作で録音できているのかどうかわかりません。 「小さい」と言っているのは、「H6」の内蔵マイクでの録音なのか、外部マイクでの録音なのか。 また、外部マイクの情報もありません。 また、当然しなければならない、密閉型ヘッドホンを使用して「録音モニター」をしていないのではないかと思われますが??? していれば、録音時にどのくらいの音量になっているのかが、わかるはずですよね??? というか、重要な「録音レベル設定」がわかっていないのでは??? 結果として、録音レベルの差のある音源があるのは普通のことです。 そのために「MA」をするのです。 >しかしそれでも理想の大きさにはなりません。 そのため、音声にエフェクトの「グラフィックイコライザー」を使用して「マスター」を調整することでより大きくしています。 こうすれば大きくはなるのですが、少し大きめに録音された箇所に入るとすぐに音割れが発生してしまいます‥。 こんな編集の基本も知らない、アホなことをしてしていれば、音割れが発生するのは当たり前のことです。 「グライコ」で音量上げなどドアホのすることです。 >そのため、編集時に音量の調整をして最大にしたりもします。 「ノーマライズ」も知らないで、編集作業をするなどあきれてしまいます。 昔に、「EDIUS」で「MA」もしていましたが。(もう操作の細かいことは忘れている) ただ、音声はもっと高機能な専用ソフトで編集して、「EDIUS」に戻していましたが。 質問では「EDIUS」のバージョンがわかりません。 「EDIUS」の音声編集機能も、結構細かい編集が出来ていた記憶があるのだけれど・・・・・ ちゃんと「マニュアル」読んで、きちんと使いこなせていますか????? 当時、「EDIUS」の恐ろしい量の「マニュアル」と、別途市販の「解説書」と格闘した覚えがある・・・・・・