ここから本文です

2018年の大学総合ランキングが完成しました!

アバター

ID非公開さん

2018/3/2721:07:30

2018年の大学総合ランキングが完成しました!

ランクは下記としたとき、比率としてはこんなもんだと実感できるでしょうか?
***

(一流大学)
〔★S1〕東京大・国医・難私医
〔★S1-α〕慶應義塾・私医

― 1.5% (進学:120万人世代)―

〔S2〕京都・一橋・東京工業・早稲田政経
〔S2-α]大阪・早稲田

― 2.5% (進学:120万人世代) ―

(準一流大学)
〔S2-β〕早稲田下位等
・名古屋
〔S3〕東北・九州・横浜国立・神戸・上智

― 4% (進学:120万人世代)―

〔S3-α] 北海道・筑波・東京外国語・千葉・大阪府立・大阪市立・東京農工

(有力大学)
〔A1〕・同志社・明治・ICU・東京理科
・首都大東京
〔A2〕横浜市立・名古屋工業・広島・岡山・立命館・青山学院・津田塾
・立教・中央・関西学院

― 10% (進学:120万人世代) ―

(準難関大学)
〔B1〕東京学芸・静岡・埼玉・新潟・滋賀・金沢・電気通信・京都工芸繊維・熊本・名古屋市立・奈良女子・京都府立・東京女子・日本女子・芝浦工・法政・学習院・関西

〔B2〕岐阜・三重・信州・群馬・鹿児島・徳島・静岡県立・山梨・小樽商科・成城・成蹊・明治学院

〔B3〕和歌山・大阪教育・兵庫県立・愛媛・宇都宮・長崎・富山・香川・東京海洋

(中堅上位大学)
〔C1〕奈良県立・神戸市外国語・埼玉県立・宮崎・高知・佐賀・山形・岩手・山口・高崎経済・愛知県立・秋田・弘前・福島・福井・大分・鳥取・茨城・島根・南山・甲南・西南学院

〔C2〕・北九州市立・武蔵・國學院・獨協・日大・東洋・専修・駒沢・神奈川・京都産業
・近畿・工学院・東京都市

― 25 % (120万人世代) ―

(中堅大学)
〔D1〕前橋工・千葉工業・高知工科・琉球・室蘭工・龍谷・関西外語・東海 ・東京経済
・東北学院・福岡

〔D2〕文教・二松学舎・立正・愛知工業・愛知淑徳・松山・創価・京都外語

(中堅下位大学)
〔E〕北星学園・北海学園・国士舘・亜細亜・桜美林・産業能率・大正・拓殖・玉川・東京工科・金沢工業・愛知学院・中部・京都橘・大阪経済・大阪工業・沸教・摂南・広島修大・大東文化・関東学院・明星・追手門学院・桃山学院・神戸学院
・帝京

― 35 % (120万人世代) ―

(F-Rank)
流通経済・白鴎・城西・東京国際・帝京平成・淑徳・文京学院・和光・神奈川工科・山梨学院・常葉・名古屋学院・大同・大谷・京都文教・大阪産業・四天王寺・大阪商業・大阪電気通信・阪南・岡山理科・広島国際・広島工業・九州産業・福岡工業・熊本学園・沖縄国際・北海道科学・北海商科・盛岡・東北工業・上武・明海・埼玉工業・尚美学園・駿河台・西武文理・聖学院・日本工業・千葉商科・千葉経済・中央学院・嘉悦・多摩・高千穂・東京情報・帝京科学・日本文化・目白・湘南工科・桐蔭横浜・横浜商科・福井工業・静岡産業・同朋・名古屋商科・花園・大阪経済法科・関西国際・帝塚山・流通科学・広島経済・広島文化学園・徳島文理・久留米工業・崇城・沖縄・札幌・札幌学院・高崎商科・秀明・常盤・城西国際・浦和・ものつくり・共栄・江戸川・敬愛・千葉科学・清和・東京成徳・東洋学園・長野・中部学院・愛知産業・岐阜経済・京都学園・大阪学院・大阪国際・大阪成蹊・芦屋・帝塚山学院・吉備国際・岡山学院・福山・

― 52 % (120万人世代) ―

短期大学・高等専門学校卒
― 57 %(120万人世代) ―

高校卒・専門学校卒

― 81% (15歳以上全世代:2010年統計)―
高校中退・中学校卒

閲覧数:
2,492
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nit********さん

2018/3/2807:05:42

若干国立大学が過大評価されているきらいはありますが概ねいいのではないでしょうかね。

「大学ランキング」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bus********さん

2018/3/2921:55:25

(一流大学)
〔★S1〕東京大・国医・難私医
〔★S1-α〕慶應義塾・私医

― 1.5% (進学:120万人世代)―

〔S2〕京都・一橋・東京工業・早稲田政経
〔S2-α]早稲田

― 2.5% (進学:120万人世代) ―

(準一流大学)
〔S2-β〕大阪・早稲田下位等
〔S3〕東北・名古屋・九州・横浜国立・神戸・上智

― 4% (進学:120万人世代)―

〔S3-α] 北海道・筑波・東京外国語・千葉・大阪府立・大阪市立・東京農工 ・同志社・明治・ICU・東京理科

(有力大学)
〔A1〕首都大東京・立教・中央・関西学院
〔A2〕横浜市立・名古屋工業・広島・岡山・立命館・青山学院・津田塾

― 10% (進学:120万人世代) ―

(準難関大学)
〔B1〕東京学芸・静岡・埼玉・新潟・滋賀・金沢・電気通信・京都工芸繊維・熊本・名古屋市立・奈良女子・京都府立・東京女子・日本女子・芝浦工・法政・学習院・関西

〔B2〕岐阜・三重・信州・群馬・鹿児島・徳島・静岡県立・山梨・小樽商科・成城・成蹊・明治学院・東京都市

〔B3〕和歌山・大阪教育・兵庫県立・愛媛・宇都宮・長崎・富山・香川・東京海洋・日本

(中堅上位大学)
〔C1〕奈良県立・神戸市外国語・埼玉県立・宮崎・高知・佐賀・山形・岩手・山口・高崎経済・愛知県立・秋田・弘前・福島・福井・大分・鳥取・茨城・島根・駒沢・南山・甲南・工学院・近畿

〔C2〕・北九州市立・武蔵・國學院・獨協・東洋・専修・西南学院・京都産業・東北学院

― 25 % (120万人世代) ―

(中堅大学)
〔D1〕前橋工・千葉工業・高知工科・琉球・室蘭工・龍谷・関西外語・東海 ・国士舘・東京経済

〔D2〕文教・二松学舎・立正・神奈川・愛知工業・愛知淑徳・松山・福岡・創価・帝京・京都外語

(中堅下位大学)
〔E〕北星学園・北海学園・亜細亜・桜美林・産業能率・大正・拓殖・玉川・東京工科・金沢工業・愛知学院・中部・京都橘・大阪経済・大阪工業・沸教・摂南・広島修大・大東文化・関東学院・明星・追手門学院・桃山学院・神戸学院

― 35 % (120万人世代) ―



(2018年)

・慶大院生と理工学部物理学科の研究チームは天の川銀河の中心部において、一つの異常に広い速度幅を有する、約50光年の大きさを有する特異分子雲を発見した。2012年に同慶大チームが発見した天の川銀河の分子雲の2例目で中質量ブラックホールの「ゆりかご」の候補と考えられる。

・東大大院理学系研究科と国立遺伝学研究所らのグループは、性進化のモデル生物群「緑藻ボルボックス系列」の全ゲノム解読により、オス特異的遺伝子「OTOKOGI」の進化がオスを生み出す原因であった可能性を示唆した。

・慶應大学、九州大学の共同グループは、生物の細胞に類似した小さな鋳型でゼリーを作ると脂質膜によりタンパク質構造が変化して約10倍硬くなること、ミクロゲルの力学的性質変化について明らかにした。

・東大グループは、海馬から発生するSWR脳波が、睡眠中にニューロン間の繋がりを弱め、脳回路をクールダウンさせることを発見。

・慶應大は私立大の特性を生かし、メーカなどと共同的設備を次々と設立している(2015年~)。

-慶應イノベーション;野村HDと共同出資、生命科学や宇宙開発 大学発企業への投資
-サイバーセキュリティ研究センター;日立製作所と共同研究。
-JSR・慶應大学 医学化学イノベーションセンター設立、医学・化学連携
-慶應SBI ALA研究室を開設;慶大SFC研とSBIファーマがアミノ酸など中心に共同研究
-損保ジャパン日本興亜ビジネスラボ鶴岡;慶應先端研と損J社が包括提携(生命科学情報)
-綱島SST;パナソニック社が主導。慶大国際学生寮及び慶大、JXTGHD、アップルなどと共同で技術イノベーションの街づくり


・京大グループは、シロアリの社会において高齢の兵隊アリが死亡リスクの高い最前線で天敵と戦う役割を担い、若い兵隊アリは死亡リスクの低い巣の中心部で近衛兵としての役割を担っていることを明らかにした。

・慶大理工学部グループは企業と共同で、約80 THzに及ぶ広大な波長資源を活用できる波長ルーティングシステムの実証実験に成功した。

・東大チームは水とシリカ(硝子主成分)の物理的起源を解明した。シリカは水と異なり、すべての結合が共有・イオン結合により安定化されているため酸素の自由度が大きく、その方位秩序が低い。

・慶大研究チームは東北大材料科学研究所と共同で、金属酸化絶縁体においても電子デバイスを高速化・省力化させることに世界で初めて成功した。省エネルギ―化を前進させる発見。

・東大研究グループは、「電磁濃縮法」という超強磁場発生方法で985テスラという強力な磁場を発生させ、その高精度な計測に成功

・慶大理工チームは2つの連続する光パルスを用いることで金属強磁性体薄膜中のスピン歳差運動を超高速制御することに成功

・東北大は「量子速度限界」が、マクロなスケールにおいても集団現象においても、普遍的に存在する不等式であることを明らかにした。

・東京大学生産技術研究所は国際共同研究を行い、日米欧の電力網で観測された周波数変動を解析。変動は想定されていた「正規分布」よりも大きな変化が生じ得る非正規分布特性を有することを明らかにした。

・慶大先端研は新種のクマムシを発見、「ショウナイチョウメイムシ」と命名。

・産業技術総研や東北大学は逆電気特性を示す次世代相変化メモリの新材料を開発した。

・慶應大、京大、国立遺伝学研究所などのグループは細胞分裂の際にMg2+濃度が一過的に上昇することを示すとともに、負の電気を帯びているDNA同士の反発を弱め、染色体の凝縮を促進していることを明らかにした。

・慶大と理研・放射光科学総合研究センターのチームは集光XFELパルスの空間コヒーレンスを正しく評価することに成功して、従来の問題を解決し、英科学誌に掲載された。

・東大情報システム工学研究室が、腕立や腹筋運動をしながら“汗”をかくヒト型ロボット「ケンゴロウ」を開発した。人間の骨格・筋肉を再現したことで柔軟に動くこのロボットは、様々な可能性を秘めている。

・東工大研究グループは卵白たんぱく質から「卵白たんぱく質凝縮体ゲル」を作製することに成功した。

・2018年最先端科学における3つの挑戦は『①はやぶさ2の到着 ②iPS細胞による脊髄損傷治療 ③海中ロボ開発』。東大卒エンジニア2名、慶應卒の神経科学者が中心となりそれぞれの最先端に挑む。


・東大(高宮・川原)・慶大(筧)の教授らが空間を飛び回るLED光源「ルシオラ」(≒人工ホタル)を開発した。空中移動する電子発行体は世界初となる 。



(2015年)

・理化学研究所と東京大学の研究チームは物質を押すだけで微小な磁気の渦(スキルミオン)を生成・消去できる新手法を世界で初めて発見

・東工大研究グループはレーザー光とイッテルビウム原子から成る人工結晶を作製

・東大教授らは微細加工技術を用いて作製された人工原子中の量子液体における電流ゆらぎを世界最高水準の測定技術により精密に測定することによって、非平衡状態にある量子液体の挙動を明らかにした。

・慶應生命先端研内の企業メタジェンが森下仁丹とビフィズス菌の腸内環境などに関して共同研究開始

・京大研究グループは植物の姿勢を決定するブレーキシステムの仕組み:繊維細胞に関して明らかにした。

・東北大 金属材料研究所・准教授の内田氏(慶大理工修士)が絶縁体に光を照射してスピン流を創り出す新しい原理を発見。同氏は2008年慶應大学 理工卒業研究で、温度差でスピン流を起動する「スピンゼーベック効果」も発見し、論文は「Nature」に掲載された。若きノーベル賞候補。

・慶大理工は金属内包シリコンナノクラスターの酸素反応や熱的安定性の評価に成功。

・東大は超伝導磁石による擬似的微小重力環境を利用して、高品質なタンパク質結晶をつくりだす実験システムを開発

・大阪大学太陽エネルギー化学研究センターの教授らは、温和な条件でアミドの還元反応を進行させる触媒の開発に世界で初めて成功した

・慶大理工チームは産業廃棄物である廃シリコン粉末を主原料にカーボンナノファイバーを添加し、多孔質の複合厚膜の創製に世界で初めて成功、リチウム電池製造の可能性も垣間見える。


(2014年)

・京大教授らはリチウムイオン電池の急速充電、高電圧作動を可能にする新規な電解液を開発。

・東大と慶大の研究チームは1兆分の1秒レベルの連写撮影ができる世界最高速のカメラを開発した。従来高速カメラの千倍以上の性能。

・慶大理工講師らはスピン流(磁気の流れ)増大原理を世界で初めて解明した。

・東京大学・慶應義塾大学・東京海洋大学の3大学が「宇宙インフラ利活用人材育成のための大学連携プログラム」を開始。



・慶大理工チームはテラヘルツ電磁波のベクトル時間波形計測装置を開発した。

・東大教授らは地球から2.6億光年離れたペルセウス銀河団にある電波銀河「IC310」の中心の超巨大ブラックホールで発生した、超高エネルギーガンマ線の爆発現象を観測(稲妻)

・東大院生(慶大理工卒・酒井氏)と慶大教授は宇宙竜巻の駆動原理を解明した。

・東大研究チームはmicroRNAが標的遺伝子からのタンパク質合成を阻害する分子機構を、ショウジョウバエにおいて解き明かすことに成功

・慶大院メディアデザイン研究科の稲見教授が「再帰性反射材」を使用して、開発中の『透明自動車』ビデオを発表。透明技術が進められている。

jr_********さん

編集あり2018/3/2723:25:59

悪質な質問者さんですね。通報しておきました。人の悪口を言わないでください。東京の家賃は高いから、青学も受かりましたが西南にしたんです。

agi********さん

2018/3/2721:48:47

他はどうでもええけど

慶応>早稲田>一橋

例えば3メガバンクだと東大慶応は企画担当の幹部候補生、一橋は営業担当のソルジャー採用と採用段階から明確に区別されております
一橋は所詮旧商
ソルジャー養成校にすぎません

東大慶応と一橋はキャリアとノンキャリアの差なんですよ

参考資料

三菱UFJ頭取 慶応経済
三菱UFJ信託社長 慶応経済
三菱モルガン証券社長 東大法

みずほフィナンシャルグループ
社長グループCEO 東大卒
副社長リテール・事業法人カンパニー長 中央法卒
副社長グループCIO兼グループCOO 東大卒
専務大企業・金融・公共法人カンパニー長 東大卒
専務グローバルコーポレートカンパニー長 京大卒
専務グローバルマーケッツカンパニー長 東大卒
専務アセットマネジメントカンパニー長 慶応経済卒
常務リサーチ&コンサルティングユニット長 京大卒
常務グループCA 東大卒
常務グループCCO 慶応経済卒
常務グループCHRO 明治商卒
常務グローバルプロダクツユニット長 慶応経済卒
常務グループCFO 阪大卒
常務グループCRO 東大卒
常務グループCSO 東大卒

みずほ銀行頭取 早稲田商卒
みずほ信託社長 慶応経済卒
みずほ証券社長 慶応経済卒

三井住友フィナンシャルグループ
社長グループCEO 東大卒
副社長グループCRO 慶応経済卒
副社長ホールセール事業部門長 慶応法卒
副社長グループCFO兼グループCSO 京大卒

三井住友銀行頭取 京大卒
SMBC信託銀行社長 慶応商卒
SMBC日興証券社長 早稲田商卒

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ito********さん

2018/3/2721:41:45

◆◆国公立交付金の削減と対照的な慶應義塾の理系投資◆◆
【1990年】
・環境情報学部(環境、IT、バイオ、メディア)設置
・インターネットの父・村井氏が東大助手からSFC助教授へ、日本のIT化を進める。
【2000年】
・新川崎先端研究教育施設(産官学共同研究)設置
【2001年】
・慶應生命先端研究所(鶴岡市)・看護医療学部の設置
【2004年】
・慶應発ベンチャー・メタジェンと味の素が微生物などに関して共同研究開始
【2005年】
・慶應・早稲田・東大とマイクロソフト社が研究リソース協定
【2007年】
・慶應・早稲田・東大・京大が4大学院研究交流協定
・慶大・先導研究センターを設置(~2015年まで60センター開設)
・慶大とJAXAが協力協定(宇宙システム)
【2008年】
・慶應薬学部・薬学研究科(共立薬科大学併合)設置
【2009年】
・iPS細胞研究拠点に慶大、東大、京大、理研を指定
【2010年】
・RU11発足(研究コンソーシアム)早慶東京工阪名北筑九東北
・慶應生命研の最強度素材・人工クモ糸開発者が「科学技術への顕著な貢献」を最年少受賞、『カンブリア宮殿』にて放送。タンパク質素材開発は驚異的な科学事項となりうる。
・慶應生命研とインペリアルC・ロンドンが共同契約(ゲノム・代謝)
【2012年】
・4大学ナノ・マイクロ研究拠点(慶應・東大・東工・早稲田)設置
・慶應生命研とNASA(米航空宇宙局)が研究協定(宇宙生物学確立:生命影響)
【2014年】
・理工学部75周年プロジェクト(産学KIF、KiPAS:数論幾何、量子、ナノなど)設置
・東大・慶大・海洋大が宇宙インフラ利活用人材育成の教育プログラムを開始
・慶大とフランス国立科学研究センター、原子力・代替エネルギー庁とナノ中心の5年協定
・最先端技術:ハプティクス研究センター(触感・電子・機械)を設置、「科学技術への顕著な貢献」を受賞。
【2015年】
・慶應イノベーション(野村HDと共同出資:再生医療・生命科学・宇宙開発ファンド)設立
・日本政府は末松慶應医学部長を理事長に日本医療研究開発機構を設立、創薬・医療機器開発含む
・慶大はゲノム・バイオ研究のBI of MIT and Harvard(マサチューセッツ工科大・ハーバード大)と5年協定
・慶應生命先端研の体内細菌研究者が「科学技術への顕著な貢献」を受賞、『情熱大陸』にて放送
【2016年】
・慶大・東大・阪大・東北大にスピントロニクス研究拠点(電荷・量子の応用)、設置
・慶大と日立製作所がサイバーセキュリティ研究センターを設置・共同研究。
・慶大が欧米名門大とともに国際サイバーセキュリティ組織を設立
・KGRI(慶應グローバルリサーチI):国際研究大学基盤(文理融合)の設立→国際・研究
【2017年】
・殿町研究キャンパス(生命・細胞、AIヘルスケア、医療ロボティクス、分子設計)設置
・国立がん研究センターが拠点を6社目が誕生した慶應先端研の横に設置・協定(鶴岡市)
・JSR・慶應大学 医学化学イノベーションセンター設立、医学・化学連携
・慶應、理研、静岡県は光量子・AIなどに関して先端農業研究の協定
・慶大SFC研とSBIHD(SBIファーマ)は慶應SBI ALA研究室(アミノ酸)を開設
・IBMはオックスフォード大、慶應大などに量子コンピュータ研究拠点を設置
【2018年】
・SFC慶應未来創造塾(国際研究人材の滞在研究施設)
・理工学部周辺域3駅に国際学生寮(研究・教育)を設置
・「損保ジャパン日本興亜ビジネスラボ鶴岡」設立、慶應先端研と損Jが包括提携
・慶應及び旧帝大の病院が「がんゲノム医療中核拠点」に指定される。
・パナソニックが綱島SSTを展開、慶大国際学生寮及び慶大、JXTGHD、アップルなどと共同で先端技術と人材を集めて技術イノベーションの街づくりに取り組む。


・2012年度大学運用収入首位は慶應35億円(運用資産980億円)
・2013年度大学運用収入首位は慶應55億(運用資産1100億)、2位:帝京38億円
・2015年、主要大の基金は慶応義塾大学:480億円、早稲田大学:270億円、東京大学:100億円
・慶應は(運用)基金2017年は650億円保有で大学最大規模。1000億円を目指し、運用益を研究や国際化にあてたい考え。
・各大学は交付金・助成金が削られる中で寄付金による基金拡大を目指す。欧米名門大が数兆円の基金を運用するのに対し、日本の大学は脆弱でこの基金の多寡が世界大学ランキングや先端研究の源泉にもなる。日本では早慶基金がまず大きいが、それでも学生数に見合った教授(=論文公表)・留学生は確保できておらず、上位国立より低比率となる。
・科学論文採択数は東大、京大、旧帝大、早慶と続く。科学論文採択率では東大、京大、慶應の順となり、慶應が一挙に順位をあげるが、慶應は若手の採択率が高く、学格の世代ギャップが伺える。
・国公立大は国からの補助金が命なので論文を多く仕上げる必要があるが、私学の場合は国からの干渉を受けたくない法人が多く、また収入うち補助金比率が高くはないので、論文完成に対して国公立ほど懸命ではないだろう。


・年収2000万円以上(給与所得者0.7%)の勤労者調査では、アセマネ・日系証券外資証券で半分以上を占めたが、学歴構成では早慶東大がそれぞれ10%で3校で30%を占めた。一橋・中央が各々4%、明治・同志社・東工大がさらに続き、ベンチャー上場の大富豪出身校ランキングを総なめした早慶・東大3校が超高収入サラリーマンランキングでも多数を占める結果となった。

・一流企業就職・一流企業花形部署、中堅企業・大企業・大手企業・外資系企業・地方名門企業などの経営幹部、大企業エンジニア・技術系経営幹部、医学部教授・大病院院長、成功起業家及び富豪、御曹司・老舗会社経営、司法試験・公認会計士試験合格者、著名作家、TVプロデューサー・ディレクター・ジャーナリスト・記者・作曲家・演出家・映画監督・アナウンサー・広告プランナーなどのマスコミ系専門職、アナリスト・投資銀行家などのコンサル・金融専門職、学者・大学教授・評論家、国家総合職官僚・都庁幹部、地方政界・国会議員・閣僚、名門家系(閨閥)などではほぼ早稲田・慶應・東大のトライアングル学府がメジャー人材供給源として突出しており、これは2000年以降が特に顕著である。
グローバル推進研究重点大学などでも早慶東大と有力国立大が指定され、これらは科研費補助金多額校に相当する。最大国家補助がある東大、大学最大規模の寄付金・運用収入+補助で理系投資を進める慶應では近年、毎月のように新規の開発・研究に関して報告されている。



研究費あたり論文数、先進国で最下位 2018.3

・研究費あたりの論文数は先進国で最下位となったが、日本の研究者は海外との共同研究が少ないため、と分析されている。

・日本の研究費は8割は企業によるもので、産業界の研究に関しては評価が高い。大学は本来、研究に関して企業提携をするべきだが、日本の場合、国立大学では難しい部分が色々とある。


出世レースと学閥の関係 2018.3 「銀行」
・メガバンクのキャリアは東大卒と慶應卒
→最初は全国の支店に配属され、その後エリート組は国内本部(人事・総務、経営企画)や海外へ転勤する。花形部署を渡り歩いて幹部への道を登る。
→MARCH・地方旧帝大など一般組は支店や金融商品部・海外アドバイザリー部など

・出身大により加点が異なるという仕組もあり、どんどん差が開いていくのである。
→東証一部上場企業社長、日経225社長などはやはり東大・慶大出身の出世人が多く、銀行人事システムはなんら特別でなく、規模が大きいほど、社格が高いほど、何かしらこれに近いシステムがあることが予測される。東大・慶大についで目立つのがやはり京大・一橋・東工大・早稲田などの一流大学である。


「理系より医系」で京大の人気が凋落中 2018.2 プレジデント

・1位常連の洛南高校の合格者が減り続けている。(10年前から30人減)
→旧七帝大のトップ校占有人数は最少人数
→京大理系の近畿圏合格者数が減少している、というのは京大理系より「国立医学部」を目指す傾向が強まっている、ことの表れである。近畿圏では国立医学部の合格者がかなり増加している(10年前比)。
→逆に首都圏ではまだまだ東大の人気が高く、このような現象は見られない。
→東大早慶などはほとんどが私立高出身だが、京大はやがて公立高出身がメジャーになると予想される。



メガバンク就活 東大、慶応大生にとっては“滑り止め”? 2018.1


・銀行は生き残っていけないとも騒がれるが、就職先としては相変わらず人気だ。

ディスコが運営する就活サイト「キャリタス就活」が2018年卒ではみずほFG、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行がトップ5に入っている。

東大でも企業トップ3はメガバンクである。16年度就職先では早稲田でみずほ、三菱。三井住友が6位に。慶應では1位はみずほ、三菱UFJが3位、三井住友が4位だ。

◆◆国公立交付金の削減と対照的な慶應義塾の理系投資◆◆
【1990年】...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる