ここから本文です

小説を書きました いかがですか 女郎花源太郎シリーズ 第六回 女郎花源太...

ban********さん

2018/4/400:14:11

小説を書きました

いかがですか

女郎花源太郎シリーズ 第六回

女郎花源太郎は翌日、会社に行った。
二階堂理沙は先に来ていて、女郎花源太郎に挨拶した。

「おはようございます、女郎花先輩」
女郎花源太郎も言った。
「ごきげんよう、今日は爽やかだね」
二階堂理沙は尋ねた。
「女郎花先輩は学習院を出ておられるのですか」
女郎花源太郎は言った。
「いや、北海道の鰊漁師の息子だ」
すると二階堂理沙は歌った。
「海猫(ごめ)が鳴くから ニシンが来ると 赤い筒袖(つっぽ)の やん衆がさわぐ 」
すると、やはり先に来ていた飛田波浪(とびた・はろう)がロッカーから三味線を取り出すと歌い始めた。
「 雪に埋もれた 番屋の隅で わたしゃ夜通し 飯を炊く
あれからニシンは どこへ行ったやら
破れた網は 問(と)い刺し網か
今じゃ浜辺で オンボロロ
オンボロボロロー
沖を通るは 笠戸丸(かさとまる)
わたしゃ涙で ニシン曇りの 空を見る 」
いつのまに現れたのか残りの南咲希(みなみさき・のぞみ)課長、 村上弦(むらかみ・ゆずる)、左京一郎(ひだり・きょういちろう)、五階蜂(ごかい・はち)、浮島空海(うきしま・くうかい)も歌い始めた。
「 燃えろ篝火(かがりび) 朝里(あさり)の浜に
海は銀色 ニシンの色よ
ソーラン節で 頬そめながら
わたしゃ大漁の 網を曳く
あれからニシンは どこへ行ったやら
オタモイ岬の ニシン御殿も
今じゃさびれて オンボロロ オンボロボロロー
かわらぬものは 古代文字
わたしゃ涙で 娘ざかりの夢み見る」
https://m.youtube.com/#/watch?v=1xtVGlK2qYA
もちろん、女郎花源太郎も歌った。
そして、心の中で、二課から一課に来て本当によかったと思った。
ここには熱い心と男たちの赤誠(せきせい)がある。
女郎花源太郎は歌い終わると近くの窓を開けた。
すると、そこには外の景色はなく、灰色のコンクリートの壁があった。
女郎花源太郎は驚いた。
南咲課長は驚いている女郎花に言った。
「ここは地下だ。外が見えないのは当たり前だ」
女郎花源太郎は尋ねた。
「では、なぜ窓があるのですか」
すると南咲は話し始めた。
「実は海保万年筆社は八階建てのビルとして計画された」
女郎花は言った。
「でも、我が社のビルは七階建てで、地下一階ですよ」
南咲は言った。
「社長は社屋の建築設計を前川國男先生に依頼した」
女郎花源太郎は言った。
「東京海上火災本社ビルで知られる有名な建築家ですね」
南咲は言った。
「その通りだ」
女郎花源太郎は尋ねた。
「八階建てのビルを依頼したのですね」
南咲は答えた。
「その通りだ。しかし、残念なことが起こった」
女郎花は言った。
「何が起きたのですか」
南咲は言った。
「日照権の問題で八階建てが七階建てに変更された」
女郎花は言った。
「つまり、八階建ての設計を改める代わりに一階部分を地下に埋め込んだのですね」
南咲は言った。
「その通りだ」
女郎花は言った。
「私は作者が営業一課が地下にあるのを忘れて『女郎花源太郎は窓の近くのデスクに段ボール箱を置いた』と書いたのだと思いました」
南咲は言った。
「ギクッ」
ともかく、その日の業務は開始された。
女郎花源太郎と二階堂理沙は一課の業務にすぐになじんだ。
一課のスローガンは「中庸(ちゅうよう)」であった。
つまり「ほどほど」ということである。
営業一課はすでに整備された顧客名簿を持っていたので、12月になると各地に散り、贈答用の万年筆の本数と名入れのリストを持って会社に帰参する。
この際、業容の拡大をけしてしてはならないと女郎花と二階堂は釘を刺された。
「海保万年筆の格式を維持するために、選び抜かれた顧客のみに贈答用の万年筆を提供するのだ」
そう南咲課長は二人に戒めた。
だから、営業一課は四月から十一月まではほとんど業務がなかった。
では、営業一課の人々は何をしていたのか。
営業一課ではふだんは課員は書道と哲学の読書会をしていた。
書道は万年筆で美しい字を書いて顧客に示し、信頼を得るためであった。
毎週一度日展審査員の書道の先生がやってきて一課の課員に千字文を教えた。
哲学の読書会は社長と南咲がチューターとなり、原書の購読が行われた。
これは万年筆を用いて多くの哲学者が哲学書を書いたという事実を忘れないためであるという名目はあったが、単に社長と南咲が東京大学文学部哲学科の出身であったためである。
たまたま女郎花と二階堂が一課に配属された年はスピノザの「エチカ」が対象に選ばれていた。
女郎花は最初いやいや参加したが、やがてスピノザの持つ魅力にとらえられた。

スピノザは人間が本来的に自然であることを否定し、汎神論 の元での決定論を主張する。
神から派生する無限の属性の中から人間の幸福の認識に寄与する要素を抽出するためには人間の身体と精 神について考察することが必要であり、スピ ノザは感覚的経験に基づいた認識の非妥当性 を指摘する。そした万物が有限の時間の中に 存在し、外部の力によってしか破壊されない

補足自己を存続させる力『コナトゥス』の原理に 支配されているとし、人間の感情もこのコナ トゥスによって説明した。また人間の感情と は欲望、喜び、悲しみの三種類から構成され ており、例えば外部の原因の観念を伴う喜び が愛であり、外部の原因の観念を伴う悲しみ が悩みであると理解する。

この感情を制御することができない無力こそ が人間の屈従の原因であり、理性の指導に従 うことで自由人となることができると論じ る。本来的に不自由な人間が自由を獲得する ためには外的な刺激による身体の変化に伴っ て生じる受動的な感情を克服する必要があ る。そのことによって人間は感情に支配され る度合いを少なくし、理性により神を認識す る直観知を獲得することができる。

これは女郎花が故郷のけして訪れない鰊の群れを待つうちに身につけた哲学そのものであった。
女郎花源太郎は三年後、海保万年筆社をやめ、海保社長と南咲の紹介状をもらい、東京大学文学部哲学科大学院修士課程に入学した。
そして、そのまま研究生活に入り早稲田大学に転じて教授となった。
一方、二階堂理沙は海保万年筆社に留まり、社長となった。

二人は今日三十年ぶりに会うことになっている。

おしまい

女郎花源太郎,スピノザ,オンボロロ オン,二階堂理沙,ニシン,理性,人間

閲覧数:
48
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xps********さん

2018/4/413:37:40

以前
理性は人間だけでなく
動物でも持っているものもいると聞いて
理性は人間だけが持っていると思っていた私は
驚きました

質問した人からのコメント

2018/4/4 13:48:30

岩波新書の黄色版に

人間はどこまで動物か

アドルフポルトマン

という名著があって
読めと言われてかいましたが
読んでませんね

あとこの人には
ローレンツの攻撃
という
動物行動学の本も勧められたが
やはり読んでいない

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる