ここから本文です

電気設備技術基準の解釈第116条について質問です。 「電線は絶縁電線またはケー...

why********さん

2018/4/400:25:17

電気設備技術基準の解釈第116条について質問です。

「電線は絶縁電線またはケーブル」(赤丸部分)
と書いておきながら、すぐ下で、
「2.6mm以上の硬銅線」
と絶縁電線でもケーブルでもない

「硬銅線である事」と書いてあります。

これは、どういう事なのでしょうか?
絶縁電線の中の導線が「硬銅線である事」といっているのでしょうか?

絶縁電線,硬銅線,ケーブル,導線,電気設備技術基準,ケーブル以外,直径2.6mm以上

閲覧数:
56
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

boy********さん

2018/4/407:21:53

最初に、電線は絶縁電線又はケーブルを使用しろと記載してあるので、ケーブル以外の電線は直径2.6mm以上の硬銅線の絶縁電線を使用することにになる(DV線やDE線と言うことに)。

  • 質問者

    why********さん

    2018/4/501:51:16

    絶縁被覆の内側の導体部分を、
    「2.6mm以上の硬銅線であること」
    と、規制しているのですね。
    ありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる