ここから本文です

どうして聖武上皇は道祖王を皇太子にしたかったのですか? 2人は、どういう関係...

アバター

ID非公開さん

2018/4/1022:16:47

どうして聖武上皇は道祖王を皇太子にしたかったのですか?

2人は、どういう関係ですか?

閲覧数:
99
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wak********さん

2018/4/1023:26:24

おじいちゃんの兄弟・新田部親王の子。
おじいちゃんの兄弟と言う事はその父親は天武天皇。
さて母親はというと藤原鎌足の娘、つまり藤原不比等の妹なんだ。
そして、、、なんと天武天皇崩御後、異母兄の不比等と結婚しているのだ。
そして産んだのが、藤原四兄弟の一人、藤原麻呂だ。

話を戻すと、新田部親王は外祖父が鎌足だったしで聖武天皇を補佐していた。
なにせ聖武天皇は藤原氏の血が幾重にも入った傀儡だから。
次の皇太子にお世話になったおじさん(広い意味で)の子をと考えたのかも。

いい迷惑になってしまったけど、、、
他の皇族は保身のために目立たないようにしたり、中にはバカなふりをする人もいたぐらいなご時世に。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kon********さん

2018/4/1219:44:26

聖武の生前、聖武の血を引いている男子皇族が2人いました。
聖武の末娘不破内親王と塩焼王(氷上塩焼)の間に生まれた王子たちです。
塩焼王→外孫の王子という順に皇位を継承できれば丸くおさまったのですが、塩焼王にはかつて不祥事で流罪になったという前科があり、そのため皇位を継がせるには不適任だという事情がありました。
そこで塩焼王の弟の道祖王に目をつけ、外孫の王子が成長するまでの中継ぎを期待したのではないでしょうか。
道祖王には妻や子供がいた形跡はなく、後になって「美少年」との不行状が明るみに出て、廃太子になっています。

聖武の誤算は、先に皇位を継がせた孝謙(称徳)天皇が塩焼・不破夫婦とは仲が悪くて、聖武の孫への皇位継承をぶち壊してしまったことでした。

pin********さん

2018/4/1219:14:14

聖武は男子の後継者に恵まれず、仕方がなく、「749年に娘の阿部内親王(孝謙)」を即位させます。
「孝謙」が即位しても「後継者問題(皇太子)は解決しないまま、756年に聖武太上天皇が崩御です」。
この時、皇太子候補が3人います。
聖武の推す「道祖王、新田部皇子の子」。
藤原豊成の推す「塩焼王焼、新田部皇子の子」。
藤原仲麻呂の推す「大炊王、舎人皇子の子」です。
藤原四兄弟の死去後に、聖武は橘諸兄に支えられています、その橘諸兄に「道祖王」の後見を指示しています。
このような状況で、聖武は前天皇ですから、後継(皇太子)を遺詔で指名して崩御したのです。
「聖武の眼鏡に叶うのは、彼ぐらいしかいなかったのではないでしょうか!」。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kaz********さん

2018/4/1022:53:00

聖武天皇は、文武天皇の第一皇子。母は藤原不比等の娘・宮子。

天武天皇と藤原五重娘との子である新田部皇子の子が道祖王。
同じ藤原氏の血が流れている関係で、指名したのではないでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる