ここから本文です

26年就任の取締役が

アバター

ID非公開さん

2018/4/1513:34:52

26年就任の取締役が

28年の時に取締役選任が行われなかったために
権利義務取締役になり

29年に後任が選任されたため

退任の登記をする場合


28年定時株主総会の日付

取締役〇〇任期満了による退任



と記載しますが


なぜ28年の株主総会議事録の添付が必要なんですか?
決議してないから不要なのでは?

また
その場合株主リストは不要なのはなぜですか?

閲覧数:
48
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sta********さん

2018/4/1812:15:33

>なぜ28年の株主総会議事録の添付が必要なんですか?
>決議してないから不要なのでは?

会社法 第332条
取締役の任期は、選任後二年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとする。ただし、定款又は株主総会の決議によって、その任期を短縮することを妨げない。


退任日のエビデンスとするためではないかと…

>また
>その場合株主リストは不要なのはなぜですか?

任期満了に伴う退任には、株主総会の決議や株主全員の同意を伴わないからと考えられます。

法務省:
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00095.html

株主リストの添付は,次の2つの場合に必要となります。 ※1

1 登記すべき事項につき株主総会の決議(種類株主総会の決議)を要する場合
2 登記すべき事項につき株主全員の同意(種類株主全員の同意)を要する場合

m(._.)m

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる