ここから本文です

な~そ、は陳述の副詞ですが、終助詞でもあるようですね。

tak********さん

2018/4/1601:03:06

な~そ、は陳述の副詞ですが、終助詞でもあるようですね。

なんで品詞が2つもあるんですか?よくわかりません。

閲覧数:
23
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

aom********さん

2018/4/1601:43:36

>な~そ、は陳述の副詞ですが、

違います。
「な」が「陳述の副詞」で、
「そ」が「終助詞」です。


>終助詞でもあるようですね。

「な~そ」の禁止構文で使われている「な」は「(陳述の)副詞」で、
「終止形(ラ変型連体形)+な」で文末(さらに終助詞が付くこともあり)に使われている「な」は「終助詞」なのです。
品詞としては別物です。
まあ、「根っこ」は同じかもしれないけどね。

「さることなせそ(そんなことしないでくれ)。」
な=副詞
そ=終助詞

「さることすな(そんなことするな)。」
な=終助詞


>なんで品詞が2つもあるんですか?

「な」は、「副詞の「な」」と「終助詞の「な」」がある、
たまたま「な」という語形が同じだけ、ということだけど、
「品詞が二つもある」語なんて、いくらでもあります。

たとえば、「すべて」という語。
「国語辞典」で引いてごらん。
「本文の内容に当てはまるものを、次のア~オからすべて選べ。」
の「すべて」は、「選ぶ」という動詞(用言)を修飾している、
活用しない自立語なのだから、「副詞」です。
でも、「すべてが水の泡になった。」
の「すべて」は、主語文節を作っている活用しない自立語なのだから、「名詞」です。
そんなふうに、「使われ方」によって品詞自体が違ってしまう語なんて、
ごまんとあるよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる