ここから本文です

ワシントン会議で日本は山東省を手放してしまいました。 何故そんな不利な内容を...

横断_konさん

2018/4/2418:59:31

ワシントン会議で日本は山東省を手放してしまいました。
何故そんな不利な内容を含んだ会議の呼びかけに応じたのでしょうか。

分かりやすくお願いします。

閲覧数:
71
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fzn********さん

2018/4/2421:59:02

山東省に、国際的な非難に値するほどの
価値がなかったから。
資源があるわけじゃなし、市場としても
魅力がないし、ドイツの植民地だった
青島を取ったところでうまみはありません。
儒教の聖地孔子廟を手に入れても、
中国人の反発を招くだけです。

植民地ってのは十分な投資をしなければ、
なかなか黒字にならないんですよ。
当時の日本にはそんなお金はないし、
朝鮮半島や満州もそうだったんです。
はっきり言って大赤字でした。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ppi********さん

2018/4/2421:45:08

キミが思っているほど、当時の日本帝国の力量は大きくない。

1922年というと一次大戦後4年で不況におちいっています。
既に政府財政への逼迫が強くなっており、軍事費支出を削減しないと、国家が危機になる恐れがあったからです。
日露戦争の債務は大きくのしかかっています

本会議のメイン目標は、軍縮による艦隊の相互の削減であり、米英から参加を呼びかけられれば、日本は参加せざるを得ない。

中国も参加しており、世界への門戸開放を受諾したので、山東半島でドイツから奪った日本の利権は破棄することになります。

満州もそうですが山東半島は中国の領土であり、21カ条条約で借用していたにすぎない。

dom********さん

2018/4/2419:03:38

列強が参加してたから、参加するしかなかったのと、満州の領有を正式に認めてもらいたかったからじゃないかな。

あと
・対英米との国力比較ではその差が歴然としていたこと
・第一次大戦後は世界的に平和を求める趨勢にあり、日本の国民感情もその例外ではなかったこと
・そして対華21カ条要求やシベリア出兵などの政府方針が国際的にはいうに及ばず国内的にも不評だったこと
・濡れ手に粟の大戦景気が戦後は一転して大恐慌となり、緊縮財政のなか軍事費の削減が不可避となったこと

だそうです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる