ここから本文です

職場の人が、失敗した時に「目をすった」と言い訳をする人がいるのですが、たぶん...

アバター

ID非公開さん

2018/4/2821:44:31

職場の人が、失敗した時に「目をすった」と言い訳をする人がいるのですが、たぶんどこかの方言だと思うのですが、どういう意味なのかがちょっとわかりません

本人に聞けばいいのですが、ちょっと年が離れていて、怖い人なので聞きにくいので、意味を知っている人がいたら教えてください。
また、どこの方言なのかもわかると嬉しいです。

閲覧数:
204
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kan********さん

2018/4/2907:54:30

京都の者です。「目ぇする」使います。
関西弁は一音の語が長音化するのと、助詞を省略するのとで、「目をする」の意です。

「読みを誤った」といった意味で使います。
更に言うなら「熟慮の末出した結論であったのだが、物事が予測したのとは違う方向に動いてしまったので、よくない結果になってしまった」つまり、自分なりにできる限りのことはしたんだが、将来の予測なんてものは確実な答えが出せるものじゃないから、その点に基づく失敗はある程度仕方ないではないか、というような言い訳めいたニュアンスも若干含みます。

「目」「する」の意味を深く考えたことはありませんでしたが、「する」は賭博で負けたときによく使う「する」だと考えれば、「失う」というような意味でしょうか。賭博関連で「目」と言えば「勝ち目」の「目」、つまりサイコロ賭博で勝ちになるサイの目を言うのでしょうね。
だとすれば、本来は「勝てる勝負を落とした」あたりの意味だったんでしょうか。そのへんから、「勝機を見逃した」「読みを誤った」というようなことに転じてきたんでしょうか。

後半ほとんど推測の話しになってしました。

アバター

質問した人からのコメント

2018/4/29 23:12:45

京都の方の言葉だったのですね

会社の人が使っている状況は、明らかにケアレスミスの時に使っているのだけど、どうもケアレスミスではない意味で使っているようだったので、どういう意味で使っているのだろうって不思議だったんです。
回答を読んで、彼女は「熟考の末」だよ、ケアレスミスじゃないよって言いたかったんだってのがわかってすっきりしました
ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

edo********さん

2018/4/2822:03:26

方言というより、「する」は競馬でお金をする(摩る)などの「する」だろうと思います。「目」は大事な物事のことで、従って「目をする」は大事なことで失敗する、という意味になるのだと思います。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる