ここから本文です

小さい「っ」の効果って何?

usa********さん

2018/5/721:17:32

小さい「っ」の効果って何?

大雨でびしょびしょに濡れる→びっしょびしょに濡れる
むちむちのお肉→むっちむちのお肉
雪がどかどか降ってくる→どっかどか降ってくる
叩いた音「ぼかん」→「ぼっかん」
「こらー!」→「こらーっ!」

などなど、「っ」がつくことで強調されると思いますが、
それに加えてどこか面白みのニュアンスを感じます。

「っ」の効果って文学的、国語学問的にどのような意味を持つのでしょうか?
国語に詳しい方お願いします。

閲覧数:
41
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wad********さん

2018/5/1303:07:45

☆「促音」で検索すると、いろいろ出てきます。

↓日本大百科全書の解説を、抜粋(テキトーに)しておきます。

閉鎖音や摩擦音の前で、発音の構えのまま一拍分持続するもの
「つまる音」ともいう。
音声学的には1音でないが、日本人の意識では一つの音韻。

和語では...
促音便(トッテ←取リテ)
強調形(ヤッパリ←ヤハリ)
擬声語・擬態語(ゴックン、ニッコリ)に現れ、
漢語では...
入声の次に無声音で始まる字の場合(学校、合戦)に現れる。

古くは正式の音として認められていなかったようで、
平安時代中期までは無表記が多く、
その後も仮名のム、ツや記号∨など、表記は一定しなかったが、
平安末期には「ツ」「つ」による表記がほぼ定着した。
なお
「っ」「ッ」が一般化したのは第二次世界大戦後のこと。

質問した人からのコメント

2018/5/13 09:07:23

ありがとうございます。促音と言うのですね。早速調べて見ます!!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる