ここから本文です

初七日以降の供養(臨済宗) 父が亡くなり 初七日は、葬儀の時に繰り上げで済ませ...

アバター

ID非公開さん

2018/5/1321:03:28

初七日以降の供養(臨済宗)

父が亡くなり 初七日は、葬儀の時に繰り上げで済ませました。

七日毎の供養の二七日忌 三七日忌 四七日忌 五七日忌 六七日忌 には家族で供養とは何を行えば良い

のですか?
毎日お線香の他にご飯とお茶とお味噌汁をあげています。

お花を替えたりすれば良いのでしょうか。

宜しくお願い致します。

閲覧数:
101
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaw********さん

2018/5/1322:03:11

本来は初七日と同じく焼香と読経をお坊さんに挙げてもらうのですが、最近ではほとんど四十九日まで省略しています。或いはご遺族だけでご供養する場合があります。

七日ごとに審判を受けるという考えもあり、七日ごとのご供養は毎日の回向とはちょっと違う意識があると思います。これは臨済宗でも曹洞宗でも同じと言えるでしょう。
どのお経をあげるかはお寺さんに相談すればいいし、どのお経というのではなく手を合わせるだけという人も多いはずです。
またお坊さんや葬儀社などによっては「その日に故人がどんなにいい人であったかをご遺族や近しい人達で語り合うことで審判に好印象を与える」と説明されることもあります。

また魂はお花屋お供物の匂い(精気)を食べるという説明をする人もいるので、毎日や七日ごとの法要で花を生けたり故人の好きだったものを供えることがいいとされてもいます。

アバター

質問した人からのコメント

2018/5/14 08:23:53

回答ありがとうございます。

7日毎に好きなものをあげようと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる