ここから本文です

なぜ気象庁は、米国製スパコンを導入したのでしょうか。日本製も同じスペックかと...

tee********さん

2018/5/1623:16:04

なぜ気象庁は、米国製スパコンを導入したのでしょうか。日本製も同じスペックかと思います。

「僥倖」を導入して、そのお金が某会社関係者に使われるというのが単に「気に入らない」ということかもしれないですが、哀れです。

閲覧数:
96
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dis********さん

2018/5/1623:42:00

CRAYは普通の計算機とはちょっと違った構成の計算機なので、一概に「日本製も同じスペック」とは言えないです。
同系列だと「京」系列の計算機がそれに当たりますが、費用対効果やプライムベンダーが日立だったことも影響しているかもしれません(日立は京の開発から撤退した過去があります)

その辺の邪推を除けば、気象庁の予算に合う、下記の論文で挙げられているような要件を満足するのがCRAYの計算機だったということじゃないでしょうかね。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/books/nwptext/50/chapter5.pdf

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

wx_********さん

2018/5/1719:11:53

ここ5年10年くらいで欧米のコンピュータに比べ予報精度で大きく水をあけられたから。
日本には予報精度を上げるだけのお金も人材もないから
将来的には欧米の気象モデルを移植できる余地を残しておけるようにしている

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる