ここから本文です

今までに企業のため、仕事の責任、など献身的に働いた優秀な人材が過労死でなくな...

kan********さん

2018/5/1711:46:54

今までに企業のため、仕事の責任、など献身的に働いた優秀な人材が過労死でなくなっていく人が増加しています。高度プロフェッショナルという名のもとにさらに仕事人生になり、家庭崩壊もあります。

なぜこのような名称のもとで優秀な人材が死んでいくのですか。日本国の損害ではありませんか安倍総理もっと大局的に国民のこと、国のことを考えていますか。もっと哲学的な発想を研究していただきたい。
今まで高度経済成長期に働いた人たちは現在独居老人、認知症、老人ホーム、または胃瘻で植物人間となってそれでも彼らには高額の年金が支払われています。国民の尊重が無視されていることの原因は今までの働き方制度に会ったのです。それをさらに助長する働き方改革は是非やめてください。国民は疲れて無知な人間になっていくのです。現在の日本の生活水準ランクは世界と比較してどうなっていますか。

閲覧数:
32
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mam********さん

2018/5/1711:48:23

安部は、経団連とズブズブの仲です。残業代など出したくないのですよ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

int********さん

2018/5/1719:16:59

こういうことは、職場単位で改善するしかないです。法的に訴えたり改善するしかないです。政治では、変えることは、できません。
改善するには労働組合を、つくるしかないです。
労働組合は二人からつくることができます。
労働組合がなければ会社の一方的な労働条件になってしまい従業員が会社に話あいの申し入れをして会社が拒否しても法的におとがめはありません。
そうなれば、会社がブラック企業になってしまいます。労働組合が機能しなくなったり解散しブラック企業になってしまった例はよくあります。

しかし労働組合をつくると状況は一変します。労働組合をつくると会社と対等に話あいが出来る権利、団体交渉権(憲法28条労働3権)が得られ団体交渉は正当な理由なく拒否できません。拒否したら禁固刑を含む厳しい罰則があります。参考にこちらをご覧くださいhttp://www.youtube.com/watch?v=wM1yvU6pe_A&sns=em
最近は労働組合をつくるきっかけとして個人加盟労働組合もありますし、労働組合をつくると就業規則より効力の強い労働協約を締結できます。

法規の効力の順番に憲法>法令>労働協約>就業規則>労働契約>業務命令になります。参考にこちらをご覧くださいhttp://www.youtube.com/watch?v=qYkSA_d32PI&sns=em

労働組合をつくることにより会社から妨害行為や団体交渉がこじれたりしても労働委員会という機関に不当労働行為の救済申し立てができます。http://www.youtube.com/watch?v=KyyZrYLYuvk&sns=em
詳しくは、ネットで労働相談ホットラインと検索してフリ-ダイヤルで電話相談してみてください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる