ここから本文です

サントリーウイスキーの白州と山崎。 今回、白州は12年を終売にするようですね。

アバター

ID非公開さん

2018/5/1821:19:49

サントリーウイスキーの白州と山崎。
今回、白州は12年を終売にするようですね。

これまで、ブレンドの響には、山崎と白州の原酒を主にしていたようですが、白州があまり売れないために、好調な山崎は原酒を大事に守り、白州の原酒をより多く響に回す計画があるのでしょうか。

あの蒸留工場の規模ですから、白州の原酒の蓄えは山崎に比べて多い気がします。

補足ちなみに、新ウイスキー 知多 の位置ずけはどうなんでしょうか。

閲覧数:
1,508
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tat********さん

2018/5/1914:02:39

正確なところはサントリーのブレンダーに聞かないと判らないでしょうが、巷でのウワサとしては

「角瓶作りすぎ」

辺りじゃないかと言う話です。

元々貯蔵量キャパの多くない山崎が輸出増えて国内需要も増えたせいでブレンデッドに多く回せなくなり、しばらく前に角瓶のキーモルトを山崎→白州に切り替えた、みたいですが白州蒸留所も増産・貯蔵庫増築してなんとか対応しているんですが増産分をシングルモルト12年に出せるのは10年先ですし角瓶は角瓶でハイボール需要が増しているし、で、玉突き的に白州12年が休売の憂いになったのではないかと。

白州NAを終売にしなかったのは、NAなら熟成年数にかかわらずブレンドできますし、技術の進歩で若い樽でも旧来の長期樽に匹敵するクオリティを出せるようになってきているのがあるのかと思います。
白州シングルモルト、というブランドを継続させるための選択でしょう。

アバター

質問した人からのコメント

2018/5/20 21:43:21

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

whi********さん

2018/5/1821:38:07

実状は、よく判りません。

響NAに白州モルトを多く回すなら、白州NAを休止すると思います。
態々、響NAの為に12年物を使うと思えないからです。
かといって、響17年に白州12年は使えませんし。

下記理由のどれかではないでしょうか?
①元々、白州原酒の生産量が少なく、本当に少なくなった。
②響17年を休止し、白州モルトたっぷりの新響12年を復活させる。
③白州モルトの価格操作。山崎偏重で白州人気がイマイチ。

個人的には、山崎より白州の方が好きです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる