ここから本文です

『プリンセス・プリンシパル』のアルビオン王国兵士が持つサブマシンガンと現実の...

nfk********さん

2018/5/1919:07:31

『プリンセス・プリンシパル』のアルビオン王国兵士が持つサブマシンガンと現実の銃器技術について質問です。

『プリンセス・プリンシパル』第三話で、アルビオン王国空軍兵士が持っていたサブマシンガンがでてくるのですが、このサブマシンガンは、携帯式ガトリングガンである。
資料のスケッチによると、機関部はゼンマイ式で、ゼンマイネジをギリギリギリと回して、引き金を引くとゼンマイがほどけて銃身が回転するという構造という設定なのですが、ここで以下の質問です。

1.現実の銃器技術で、機関部がゼンマイ式で、銃身がガトリングというデザインのサブマシンガンを作り出すことは可能でしょうか?

2.機関部がゼンマイ式で、銃身がガトリングというデザインのサブマシンガンは、現代の歩兵戦において使う場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

●『女子高生×スパイがテーマの『プリンセス・プリンシパル』、そのスチームパンクな世界観を支えるメカニカルデザインの裏側とは? 電撃ホビーウェブ』↓
http://hobby.dengeki.com/reviews/436802/

ゼンマイ,サブマシンガン,スチームパンク,ガトリング,アルビオン王国

閲覧数:
10
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lux********さん

2018/5/1919:09:09

作ることは可能ですが油圧式・電動式ガトリングのように毎分1000回転とか高速回転が出来ずスピンアップも遅いので普通のマシンガンより発射速度は遅くなります。

作ったとして実戦で使用するメリットはありません。
銃自体の構造が複雑で重くなり、速射性・集弾性が悪く発射速度も遅い、発射のたびにゼンマイを巻きなおさなければならない。
デメリットだらけです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる