ここから本文です

大阪府柏原市在住です。

アバター

ID非公開さん

2018/5/1919:16:11

大阪府柏原市在住です。

柏原市で南海トラフ地震が起きたら被害は遭いますか?(想定震度は震度6弱)
津波は来ない地域ですけど、木造住宅で倒壊する恐れありますか?

直下型地震では、生駒断層が通っているからもしずれ動いたら壊滅的に被害遭いますか?
上町断層でももしずれ動いたらヤバイですか?

柏原市では、1936年に河内大和地震が起きていたという歴史で記録がありました。5年前に誤報の緊急地震速報が鳴ったので、もし本当だったら再来だったと思いますし、かなりヤバかったです。

この中で一番被害遭いそうなものはどれだと思いますか?

・南海トラフ地震
・生駒断層帯地震
・上町断層帯地震
・中央構造線(根来-五条谷-金剛山地東縁)和歌山県北部の地震が多いので

閲覧数:
1,857
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2018/5/1921:53:31

1936年の河内大和地震は、1933年に発生した三陸沖地震津波(M8.1)を起点とする遠隔連動地震です。
あまり意識されないのですけど関西の深部域にも太平洋プレートが潜り込んでおり、東北地方太平洋側からプレートの潜り込みスロープが続いています。
その関係で東北側に大規模地震が起きるとプレート境界を押す力が関西付近まで届き、やや大きめの地震を起こします。

同時期に関連しているのが、1933年の能登半島地震(M6.0)、1934年の岐阜県郡上八幡付近の地震(M6.3)、1935年の静岡市付近の地震(M6.4)です。
河内大和地震は西側隆起の逆断層である金剛活動セグメントが力の受け皿となり、地震を起こしています。

■ 金剛活動セグメント
一般走向:北から東へ 0°
一般傾斜:西45 ° 西側隆起の逆断層 長さ:17km

活動セグメント概要:
奈良県北西部をほぼ南北方向に延びる西側隆起の逆断層.
奈良盆地南部の西縁を限る.

そのため南海トラフ系の地震とは全く異なる地震です。
もし南海トラフが起因とするなら、金剛活動セグメントは横ずれ断層である必要があります。

なお、危険性についてはすでにご承知と思いますが、生駒活動セグメントが柏原市のほぼ直下となります。

■ 生駒活動セグメント
一般走向:北から東へ 0°
一般傾斜:東45 ° 東側隆起の逆断層 長さ:33km

■ 上町活動セグメント
一般走向:北から東へ 20°
一般傾斜:東60 ° 東側隆起の逆断層 長さ:36km

ただし、どれも南北系の逆断層ですから、東側からの力を受けて活動する断層です。
そのため南海トラフ方向から力を受けるとするなら、東海地震域の沿岸付近から力が加わるような状況となる必要があり、それ以外は連動の可能性が小さくなります。

なお中央構造線そのものは和泉山脈の強靭性が障壁となりますので容易に動く事はあり得ません。

1936年の河内大和地震は、1933年に発生した三陸沖地震津波(M8.1)を起点とする遠隔連動地震です。...

アバター

質問した人からのコメント

2018/5/26 09:25:56

なるほど、分かりました。生駒断層が危ないのですね。回答ありがとうございました。

「南海トラフ 被害想定」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる