ここから本文です

結婚式に参列する際の女性のドレスコードについて ロイヤルウエディングの素敵...

アバター

ID非公開さん

2018/5/1923:42:43

結婚式に参列する際の女性のドレスコードについて

ロイヤルウエディングの素敵な写真を見ました。
そこで思ったのが、皆さん結構柄物のドレスを着ていますよね。
日本では結婚式には柄物は

避けるようにというマナーがありますが、イギリスでは柄物はマナー違反に当たらないのですか?
洋装の際は英国のマナーを元にしていると思っていたので少し驚きました。
柄物を避けるというのは日本独自のマナーなのですか?

日本はみんな同じような淡い色合いのドレスに同じようなボレロを合わせ、同じような髪型をしています。
それに比べて、ロイヤルウエディングはみんな自分に似合う好きなドレスを着てとても素敵だと思いました。
また、参列者がカラフルだからこそ純白の花嫁が一層引き立つようにも思いました。

私は結婚式にはまだ一度しか参列した事がありませんが「結婚式用のパーティードレスってどれも地味で可愛くないな」という印象を持ちました。

洋装なのに日本独自の結婚式のドレスコードって誰が決めたものなのでしょう?
皆さんはどう思われますか?

閲覧数:
957
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sak********さん

2018/5/2012:24:32

日本で「結婚式は最礼装で行かなくてはならない式典である」と言っているのは、神式の結婚式と、キリスト教式や格式張らない人前式を一緒くたに考えている方の勘違いによるものです。
本来、結婚式はそこまでフォーマル度の高い式典およびパーティーではありません。
特に西洋圏においては、セミフォーマル〜カジュアルに近い催しの位置付けですし、最近の日本の専門式場やレストランなどでのウェディングパーティーも同じです。
「単色無地の膝下丈、袖付きのドレスを着て行きましょう」は格式高いホテルにおける披露宴や、伝統ある神社での挙式、などにのみ当てはまることであり、一般的なホテルや結婚式場、レストラン等での披露宴やパーティー、キリスト教会での挙式には当てはまりません。
イギリスでは、ロイヤルウエディングもかなりカジュアル化してますが、庶民はもっとカジュアルですよ。
しょっちゅうこのカテに現れる、「結婚式はアフタヌーンドレスが正式です。膝丈のドレスなんかで行ったら、追い返されます。」とか、「結婚式には単色無地の膝下丈ドレスでないとダメです。」みたいな回答を付けてる人は、多分現状をご存じないんだと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ロイヤルウエディング」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kai********さん

2018/5/2010:40:11

ダイアナさんの姪っ子が綺麗な柄物ドレスでしたね
たしかに「これ、良いの?でも本場のセレブだし間違いなんてないだろうし」って
思ってしまいましたね。
マナーも徐々に変わっていくのでしょうね
ただ、日本ですぐに柄物OKが浸透するとも思えません
10年くらいかかってジワジワといつのまにか受け入れていく気がします。

個人的には柄物は未だ周囲の反応を考えるとうーーん、っていう感じかな
バイカラーに関しては許容派です
ただ、本人のお祝いの場に出席しているという態度であれば
柄物だろうが、ノースリーブだろうが否定する気持ちは起きません
騒いだり、大きな声を出したり調和を乱すような態度でなければ
少々のことは構わないと考えています

そもそも新婦が挙式になんちゃってと言われるチャペルであっても
神の前に進み出るのにベールはしててもビスチェドレスだから
ゲストが気遣ってボレロ着てるのも、おかしなもんだな、って思うときがあります。挙式用の ブライダルブラウスやケープを着てる人はあまり見かけないし。

yos********さん

2018/5/2009:50:19

マナーは時代とともに少しずつ変化しています

本場とじゃあ変化の流れの速さが違っても当たり前ですし
何しろセレブと素人じゃあ違っても当然です

マナーは時代の変化に伴い変化しています
それがしょっちゅうドレスを着る機会のある国と
ほぼない国では変化の早さが違ったってしかたありません

日本だって少しずつ変化していますよ
昭和なら友人知人のダークスーツは許されてませんよ
今ではちゃんと略礼装として扱われています

着物だって変化がなさそうですが 無紋の訪問着と付け下げは
今は友人クラスの略礼装として通っていますが
昔は礼装としては扱われず、社交着だったんですよ
時代の変化で訪問着と付け下げは紋がなくても礼装として
扱われるようになりました
基本的に紋がなければ礼装でなかったきもの文化では画期的な
変化です

このように時代の流れとともに変化していますが
ドレス文化のある西欧に比べれば着る機会の少ない日本人の
マナーは古臭くてもしかたありません

またロイヤルウェディングに出ている人はセレブばかりです
ドレス文化の欧米においてもトップクラスのドレス慣れ・
社交界慣れした人々です

そういった人たちはマナースレスレでもマナーにあいつつ
流行先端の物を身に付けるさじ加減が身についています
そういった人たちの少しずつの変化が長い目で見れば
大きな変化になりマナーはかなり変わっていくのです

しかし日本人は悲しいかなドレス慣れしていないし機会も
少ないのでさじ加減もできませんから基本に忠実で
あるしかないんですよね

まあうさぎとカメの違いというか・・
日本も遅々としてではありますが亀のようにゆるやかに
変化していますよ

ros********さん

2018/5/2009:11:48

●新しき時代を切り開いていくのは、常に異端者。

●まずは貴方から。

●小心者の私は火の粉が降りかからない遠くから、ひっそりと応援しています。

(>_<)あでゅ

プロフィール画像

カテゴリマスター

rin********さん

2018/5/2006:10:10

フォーマルの基本は単色の無地か同色の柄物の1色使いのドレスなので、上下別々の色のバイカラーのドレスは2色使いで別れる意味なのと、別色の柄物のドレスは2色使いでカジュアル過ぎるのでダメです。

his********さん

2018/5/2000:07:27

「イギリスでは柄物はマナー違反に当たらないのですか?」

別にイギリスに限らないです。世界の様々な国でそういう衣服は普通に採り入れられています。

他にも「参列者が白い衣服を着ること。及びバイカラーのドレスを着ること」も日本ではマナー違反とされますが、諸外国ではそんなことはありません。白いドレスを着た参列者など全く珍しくないです。

「結婚のご祝儀は三万円でなければならない。二万円なら常識を疑う。一万円だと友達の縁を切る」という回答もこちらのカテゴリではお約束ですが、そこまで高額の祝い金を贈るのも日本くらいです。

この国の「花嫁様」は結婚というものに高い理想を設定し、ガラパゴス化した独自のルールを多数生み出して来ました。
ブライダル業界の戦略もうまく行っていると思います。

「洋装なのに日本独自の結婚式のドレスコードって誰が決めたものなのでしょう?」

質問者様のこういう考え方がガラパゴス化の象徴です。マナーというのは「今日から結婚式では柄物を禁止します」と誰かが設定するわけではありません。ある種の流行や共通認識が自然に根付いていくもの。「絶対にこうしなければならない」というような性質のものではありません。

しかしながら様々なマナー本や知恵袋のようなサイトで一部の勘違いをしている人が「結婚式に柄物を来てはならない。バイカラーもマナー違反。白い服など許さない」と荒くれます。そういう説を聞いて「なるほど。そういうものなんだ」と思考停止し「誰かがそういうマナーを決めた」と捉える質問者様のような人が多数いることによってこの国に根付いた独自のマナーだと考える話です。

ただこの考えが日本独自のものだと分かったとしても、質問者様は明日参列する披露宴に白いドレスを着ていく勇気がありますか?
一度広まってしまった流れはそう簡単には変わりません。だとしたらある程度は「流れに合わせる」発想も受け入れることになると思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる