ここから本文です

三島由紀夫の美神で、最後の方に「この明白な錯乱の方が」とあり、アフロディテの...

yuk********さん

2018/5/2017:23:46

三島由紀夫の美神で、最後の方に「この明白な錯乱の方が」とあり、アフロディテの像が3センチ育ったことに比べて信じやすかったというのは理解できたけど、明白な錯乱を信じるとはどういう意味ですか?

閲覧数:
1,459
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mah********さん

2018/5/2118:01:55

「3センチ伸びたこと」を信じるよりも「R博士が死を前にして錯乱による妄言を言っている」という事の方が信じやすかったのでしょう。簡単に言えば、「R博士が真実を語ったとすれば」という本文中の言葉から、R博士の言ったことが正しく像が3センチ伸びたのか?、それとも死を前にした錯乱による妄想なのか?ということです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jac********さん

2018/5/2109:40:32

>明白な錯乱を信じるとはどういう意味ですか?

R博士の最期を看取ったN博士は、傲慢で尊大なR博士の覚えめでたい唯一の弟子であると同時に、信仰心の篤い医師でもあった点に着目すると、文体に人一倍こだわったはずの作者が「この明白な錯乱のはうが、信ずるに易かつた」という、「馬から落ちて落馬した」的な表現を敢えて選んだ理由も見えてくるのではないでしょうか。

要するに、律儀なN博士は信仰心の篤い医師として、職業的義務感に忠実に「異教徒のR博士は、死に臨んで錯乱に陥った」と迷うことなく診断した、と作者は強調したかったということです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる