ここから本文です

交通事故による損害賠償請求等について

アバター

ID非公開さん

2018/5/2300:42:24

交通事故による損害賠償請求等について

先日、私の車が信号待ちのために停車中に、携帯電話使用によるわき見運転によって、運転席側の側面に追突されました。
その日は大事な予定があったのに、この事故によって予定が崩れ、時間が大幅に変更となってしまいました。
また、警察及び相手の保険会社によると、過失割合10-0での補償となると言われました。
ここで疑問なのですが、このような場合は損害賠償請求等どのような金銭的請求ができるのでしょうか?
また、車の修繕費用は見積もり書のみでもよろしいのでしょうか?
知り合いの保険会社に相談に乗ってもらったところ、10-0だから思いつくもの全て請求できるよと言われました。
本当にできるのでしょうか?
また、写真は追突されできてしまった傷です。
皆さまどうか、ご教示の程よろしくお願いいたします。

見積書,損害賠償請求,損害,つくも,わき見運転,ご教示,修理見積もり

閲覧数:
108
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2018/5/2301:35:19

>このような場合は損害賠償請求等どのような金銭的請求ができるのでしょうか?

答え 車の修理費用と、車の時価額の低いほうを相手に請求できます。
また、修理期間中のレンタカーの費用も請求できます。
貴方の車が、新しいものであれば、修理費用の20%程度の、評価損の請求ができます。

貴方に怪我があれば、その治療費、通院交通費、傷害慰謝料、休業損害を請求できます。

>車の修繕費用は見積もり書のみでもよろしいのでしょうか?

答え 見積書のみでもよい。
ただしこの場合は、消費税は差し引く必要があります。

>思いつくもの全て請求できるよと言われました。本当にできるのでしょうか?

答え 上記回答くらいは、請求できます。
しかし、警察との対応に伴う損害については、一般には無理です。
また、大切な商取引等がダメになったとしても、その損害についての請求も一般に無理です。
車に、極めて高額のものが乗っていた場合、それが壊れたとしても、その請求は無理です。

アバター

質問した人からのコメント

2018/5/23 07:42:41

皆さん様々な判例や具体的な説明をしてくださりありがとうございます。
その中でも賠償額のパーセンテージ等具体例出して下さっていたので、今回のベストアンサーにさせて頂きました。ありがとうございます。
ベストアンサー以外の皆さまも助言の程、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oas********さん

2018/5/2304:15:33

一部修理見積もりにて消費税は請求できないとの回答がありますが可能です。修理見積もりを損害として認められた場合、修理して直せる賠償額を受け取らないと始まりません(すべて修理するにしてもできないわけです)。ないとは思いますが相手方が消費税は払わないと主張されるのであれば根拠を聞いてください。

私はすべて支払われておりますし、消費税が免除される意味が分かりません。車両の価値より修理見積もりが大幅に上回り仮に時価額であっても車両を購入できなければ意味がありませんから登録費用、整備費用も加算した状態で請求ということになります。

また今回はないかと思われますが事故により高額なもの(例えばロレックス)が破損したのであれば画像などを送り必要によっては現物が必要になりますが賠償の対象になりえます。

対物賠償とは事故によって壊された部分(物損)を補う保険です。

過去に精密機材を積んだトラックが大破し1億超もの賠償額が認められた例もあります。

対人対物は無制限で加入すべきなのはそのためです。

これから行く商談がつぶれたなど損害が確認できるものでしたら請求の根拠は難しいものとなりえますが損害が大きいものでしたら交渉はされても差し支えありません。相手が認めるかどうかはさておき事故により実際の損害が生じていれば請求することは間違ってはいません。

ただし前例がないのと訴訟をしても厳しい面があるとは思います。

jwn********さん

2018/5/2303:57:41

車の修理費、代車もしくはレンタカーの費用、怪我をしていれば治療費、怪我に対する慰謝料、怪我が原因で減給または仕事を休んだのなら休業補償、治療のために通院したのなら交通費、ここら辺だと思います。

車の修理費に関しては通常なら保険会社と修理業者がやり取りをするので質問者様が間に入る事は無いです。なので見積書も修理業者から保険会社へ送られると思います。

それと10-0の事故だからと何でもかんでも支払って貰えると言うのは疑問が有ります。例えば怪我をしたとして大した怪我でも無いのに何ヶ月も仕事を休んだから休業補償をくれ、なんて言っても支払ってくれないと思います。極端な例ですけどね。

pop********さん

2018/5/2303:19:53

補償されるのは車の修理費実費+台車台。

怪我した場合は治療費+慰謝料+交通費+雑費。

予定がダメになったとかの損害は関係ない

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる