ここから本文です

旧約聖書「出エジプト記」の映画で描かれている部分につあて、聖書の記述が映画で...

アバター

ID非公開さん

2018/5/2313:16:02

旧約聖書「出エジプト記」の映画で描かれている部分につあて、聖書の記述が映画ではどのように脚色されていたか教えてください。

閲覧数:
73
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/5/2316:46:49

出エジプト記を、ちゃんと読んだコトがないので、
(ちょっと読んだけど、変な文章で、意味わからんかった)
比較はできませんが、

すんげ~昔に見た、
『十戒』(チャールトン・ヘストン版)
https://g.co/kgs/h49APu
では、

神の姿は映らず、モーゼに声が聞こえるだけ、
だったように記憶してます。
これは、聖書の記述に忠実だったんじゃないかな?

で、神と話した証に、
カミナリ(イナヅマ)がバリバリ!と落ちて、
石盤に十戒を彫りつけた…ってシーンがあって、

例の海が割れるシーンでは、
モーゼが神に助けを求めると、
即座に海がパックリ割れて、両側が海の滝みたいになって、
道ができると言う具合でした。

去年か、一昨年に見た、
『エクソダス/神と王』
http://www.foxmovies-jp.com/exodus/
では、

神がモーゼの前に姿を見せますけど、
子供の姿をしていて、
突然、消えたり、別の場所に出現したりします。

で、神様の前でも、モーゼは物怖じせず、
敬語も使わず、タメ口で、
結構、ズケズケと文句を言ったりします。

「なんで俺が、んなコトしなきゃいけねぇんだよ!」的な。

モーゼは、結局、半ば脅され、半ば説得されて、
神の言うままに行動するんですけど、
その後も、モーゼは、グズグズ、グチグチ、
ずっと文句言い続けます。
時には迷って、「なんて日だ!」的な怒りを、
神に向かって話したりします。

で、迷いながら、民を率いて海辺まで逃げるのですが、
当然、海なので、渡れません。

「どうすりゃいいんだよ、クソッタレめ!」みたいな感じで、
またモーゼが文句を言うと、
干潮の引き潮のように、海が静かに引き始め、
“干潮の時だけ島に渡れる”と言う感じの砂州が現れて、
ユダヤの民が逃げられるようになりますが、

引き潮なので、やがて満ち潮に変わり、
群衆の最後尾に居たモーゼたちは
追っ手のエジプト軍共々、
海に飲み込まれて、あわや死んだか?と思わせて、
岸に打ち上げられて、無事でした…と言う感じでした。

で、モーゼは、エジプト脱出を成功させた後、
妻と自分の子供の元へ帰って、
再び現れた神に向かって、
「もう二度とゴメンだ、あっち行け」みたいなコト言って、
平和な日常へ戻る…ってお話だったような気がします。

十戒は、登場しなかったと思います。

リドリー・スコットの描くモーゼは、
愚痴っぽくて、迷いながら行動する、
良く言えば、非常に人間的な人物でしたが、
ヘストンと違って、
あまり英雄っぽくはなかったですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2018/5/2507:53:26

出エジプト記は何度も映画化されていますが、どの映画でしょう?

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる