ここから本文です

クラシックピアノ曲で、朗読などと同じように、間の取り方などの大切さ、休符の大...

アバター

ID非公開さん

2018/5/2401:04:52

クラシックピアノ曲で、朗読などと同じように、間の取り方などの大切さ、休符の大切さの要素を学べる曲をできれば中級〜上級レベルで教えてください。

閲覧数:
164
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mra********さん

2018/5/2411:39:44

休符は学校(音大)で習って下さい!

間の取り方はあなたのセンスの問題です。

特にブルックナーの交響曲は、間の取り方によって絶妙なニュアンスを生み出すことになります。

それが出来たのは朝比奈隆とシューリヒトくらいでしょう。

特に、フルトヴェングラー、ワルター、シューリヒト、トスカニーニ、メンゲルベルク、クナッパーツブッシュ、アーベントロート、フリッチャイ、ムラヴィンスキーらと並んで、
史上最高の指揮者の一人であった朝比奈隆は、
指揮そのものは決してうまいとは言えませんが、間の取り方については抜群のセンスを備えておりました。

ブルックナー/交響曲全集
朝比奈隆指揮
大阪フィルハーモニー交響楽団
(1992~95年録音)
http://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%83%E3%82%AF%E3...

休符は学校(音大)で習って下さい!

間の取り方はあなたのセンスの問題です。...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yas********さん

2018/5/2414:49:53

ピアノ曲で、ですか?そういうの、ちょっと違うと思うんですよ。
間のとり方は、フレーズの流れや呼吸を意識する必要があると思っていて、それを手っ取り早く勉強できるのはピアノ曲ではなく、声楽曲だと思うんです。つまりオペラやリートや宗教曲です。そういう曲をいろいろ聞いたり、自分で歌ってみる。これが最も手っ取り早いと思います。これは一種のソルフェージュの勉強になると思います。また、歌曲の要素をピアノ曲に適用するときは、時代や作曲家による違いを明確に意識すると良いと思います。ショパンならベルカントオペラを参考にしたり、シューベルトなら同じシューベルトの歌曲を参考にしたり。
ベートーヴェンの場合は独特で、彼はピアノソナタや弦楽四重奏曲での試行錯誤を交響曲に反映させるようなところがあります。なので、弦楽四重奏曲がピアノ曲を弾くときに参考になったりします。自分は弦楽四重奏曲のアインザッツを意識してベートーヴェンのソナタを弾くことが多いです。交響曲は指揮者による解釈の差が大きいので少し注意が必要です。
いずれも、楽譜を見ながら演奏を聞いて、しっかり勉強してください。多くのクラシック楽曲の楽譜は、imslpというサイトで無料で入手できます。

別の方が推薦しているシューベルトのピアノ作品は、私も推薦します。即興曲op.90-3などは、とてもよい教材になります。また最後の3曲のピアノソナタは長いのですが、機会があったらぜひとも弾いていただきたいと思います。「休符を演奏する」という勉強にもってこいなのです。

ccl********さん

2018/5/2411:24:31

「間」と「休符」は違います。

「間」で有名なのは、1964年、東京オリンピックの時のアナウンサー「土門正夫」です。放送アナウンサーとしては有り得ないものでした。

「休符」は、連続しているビートの中で、音を抜きます。幼少期に「休符も音符の内」と習います。日本語的「休み」ではありません。

運命の冒頭は、GGGEs----ですよね。GGGGEs----として、最初のGを抜くのが、西洋クラシック音楽の休符です。「間」であるとすると「8分休符」にはなりません。あるべき音がないから、所謂「運命」なら、効果として「息を飲んでしまう」感じになります。

こちらに同趣旨を回答しています。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q121106342...
何にも解っていないトーシロが、ヴァイオリンの先生をすると、違う楽器の奏者には、奇異に思われてしまう例ですね。

>休符の大切さの要素を学べる曲をできれば中級〜上級レベル
★交響曲第5番と同じモティーフのある、ピアノ・ソナタNo.23「熱情」は如何でしょう?

//////////

な~んにも解っていなかったのが、朝比奈隆、でした。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

sho********さん

2018/5/2408:55:19

ベートーヴェンのピアノソナタ7番の4楽章がお勧めです。
技術的にはそんなに難しくないんだけど、語りかけるような断片、間の取り方、などはとても勉強になります。

geo********さん

2018/5/2407:54:42

シューベルトの特にラスト3曲のピアノソナタや、種々の小曲に特にそれを感じます。沈黙、或いは余韻が音楽の大事な部分であることがよく判ります

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる