ここから本文です

甲種輸送と配給について。 前者は貨物列車扱いなので最後部に赤い円盤をつけるの...

zub********さん

2018/5/2522:25:19

甲種輸送と配給について。
前者は貨物列車扱いなので最後部に赤い円盤をつけるのはわかりますけど、後者は貨物扱いではありませんよね?それならば赤い円盤もつけないんですか?

閲覧数:
68
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

qzp********さん

2018/5/2522:49:14

簡単に言えば配給の場合には電車ならパンタグラフを上げる事が出来て、自前の電気で尾灯を点火することが出来るから円盤をつけません。
↓上越越えをして首都圏に配給されるE235系、パンタが上がって自前の尾灯をつけている
https://www.youtube.com/watch?v=hlMf4k3lLwo

しかし、廃車回送の場合にはパンタグラフを上げる事が出来ないため、赤円盤をつけます。
↓死神に牽かれて長野に行く107系、すでにパンタが外されているので円盤をつけている。
https://www.youtube.com/watch?v=xb11tmaMzSo

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sy5********さん

2018/5/2522:59:30

先の回答者様と意見が被りますが鉄道の場合、旅客貨物問わず、編成の最後部に尾灯または赤い標識板を取り付けなくてはいけないという規則が存在します。自らが動力を有する電車や気動車、機関車が自走する場合は発電機等を起動させて自家発電することができるので尾灯をつけることができます。一方で甲種輸送時や配給回送時、貨物列車の貨車など、発電機等を搭載していない、または起動させていない状態の列車を走らせるときは最後部に標識板を取り付ける必要があります。繰り返しですが、いずれも旅客・貨物問わずです。

yea********さん

編集あり2018/5/2522:43:18

貨物だろうと配給だろうと列車の最後尾には必ず赤い円板、若しくは赤いライトをつけなければならないキマリがあります。

普通列車だって(赤いライトが)ついてるし増結しても必ず付きますよね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる