ここから本文です

国際政治学者の三浦瑠麗氏の言説についてご質問させていただきます。 三浦瑠麗氏...

pf2********さん

2018/5/2805:18:11

国際政治学者の三浦瑠麗氏の言説についてご質問させていただきます。

三浦瑠麗氏は2017年8月12日付の東京新聞紙上において

『まず、「戦前回帰」を心配する方々が思い描く「戦前」のイメージに不安を覚えます。

大日本帝国が本当の意味で変調を来し、人権を極端に抑圧した総動員体制だったのは、1943(昭和18)年~1945(昭和20)年のせいぜい二年間ほどでした。』と述べられています。

私の認識では三浦瑠麗氏の戦前のイメージ(歴史認識)の方がよぼど不安を覚えます。

1933(昭和8)年に起きた滝川事件や1935(昭和10)年に起きた天皇機関説事件は民主主義に関わる表現の自由や学問の自由に対する深刻な人権侵害であると私は考えますので、三浦瑠麗氏がこのよう事案を大した人権抑圧でないと考えているとしたら、特に9条以外の憲法や刑法の立法論を傾聴する気がなくなってしまいます。

もっとも戦前の歴史認識については私自身も自信を持っているわけではないので、右派知識人の方からの「戦後の自虐的歴史教育に基づく認識である」との批判を免れないかもしれません。

三浦瑠麗氏の前述の歴史認識については、漫画家の小林よしのり氏もブログ上で誤りであると批判されてますが、三浦瑠麗氏と私の戦前の歴史認識を比較して正確性の面でどちらがマシなのでしょうか?

閲覧数:
301
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

log********さん

2018/5/2902:25:52

引用されている東京新聞の記事を実際に読んでいないので、三浦瑠麗氏
が「人権を極端に抑圧した総動員体制」という文言をどのような文脈や
前後関係で用いたのか、あるいは「極端」という言葉をどのような意味
合いで使ったのかがわからず、その点でやや理解が十分でないなところ
もあるかもしれませんが、戦前戦中の歴史的事実や一般的な歴史解釈に
照らして考えると、三浦瑠麗氏の言説は非常に奇異なものに思えます。

「1943(昭和18)年~1945(昭和20)年」という歴史区分がいった
いどのような基準によるものなのかわかりませんが、日本における国家
総動員体制の確立は、日華事変発生翌年の1938(昭和13)年に国家総
動員法が施行されて以降急速に進められ、この法律に基づいて国民の労
働基本権や財産権、表現、言論、出版の自由など、日本国民の人権が政
府による大幅な制限の下に置かれることになったという歴史的事実1つ
とっても、三浦瑠麗氏の主張は噴飯ものと言わざるをえません。

そもそも「戦前回帰」について言うのであれば、総動員体制や国民の人
権抑圧がピークに達する前段階、本格的な戦時体制に突入する前のいわ
ば「戦争前史」について語らないのはナンセンスです。戦時体制や国家
総動員体制は一朝にして突然でき上がったものではありません。それら
が確立される前段階のプロセスにこそ、戦前戦中における日本の歴史の
暗部が宿されているのであって、そこに一切目を向けないのは歴史に対
して不誠実な態度と言わざるを得ないでしょう。

  • 質問者

    pf2********さん

    2018/5/2922:06:11

    詳細な解説ありがとうございます。ご回答者様の解説にほぼ異論はなく少し安心できました。

    前述の東京新聞の記事もネット炎上し、三浦瑠麗氏は炎上を受けて以下のように釈明しています。

    「国民対政府という構図で政府に全ての悪を押し付けると民主主義は自省しません。敗戦前の二年こそ学徒動員はじめ全国民が動員されましたが、それまで国民は自発的に好戦主義を選んできたのです。」
    「戦間期、各国で全体主義の萌芽が見られた。なぜ日本が止まれなかったかが重要。新聞で一括りにされる戦前・戦中には様々な時期がありました。語られ易いのは総動員で大学生が出陣した最後の2年。その2年を元に政府と国民の関係があたかもずっとそうであったように措定してしまうのが誤りなのです。」

    戦前に「国民は自発的に好戦主義を選んできた」歴史的根拠がさっぱりわからないし、受け手に対して誤りと断定する割に三浦瑠麗の歴史検証はあまりに貧弱であると思います。

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/6/1 07:22:57

私が知らなかった戦前の歴史資料をご提示くださり、歴史認識の補強に大いなる示唆を与えてくださったご回答者さまをベストアンサーとさせていただきます。ありがとうございました。

他の回答者さまもありがとうございました。おかげさまで有意義なやりとりができました。

「小林よしのり ブログ」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cx1********さん

2018/5/2903:45:48

三浦さんが誰だか知りませんが、日露戦争から情報統制が行われ、国民は正しい判断が出来なくなっていった。
結果日本人だけで300万人以上が死ぬ大惨事となった。
情報統制=騙して戦争に送り込む事自体が人権侵害になると思います。

mai********さん

2018/5/2807:55:56

なぜそのように言われているかというと結構言論とかを抑えながらもなにかと国民に支持されていたからです
〔極端に〕総動員体制だったというのにも注目して欲しいです

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jqk********さん

2018/5/2806:03:16

ハイパーセルが潜んでると根拠も示さないで言ってましたね、
国際政治学者には呆れました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる