ここから本文です

長篠の戦いですでに鉄砲の威力、優位性が明らかになっているのに、それから300年も...

アバター

ID非公開さん

2018/5/2808:49:28

長篠の戦いですでに鉄砲の威力、優位性が明らかになっているのに、それから300年も後の幕末維新になっても鉄砲隊に向かって刀で突っ込んで行って屍を重ねていったのはなぜでしょうか。

閲覧数:
178
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yos********さん

2018/5/2912:02:59

そもそも鉄砲という武器は、攻撃するときよりも防御するときに威力を発揮します。
長篠でも、最後に武田軍にトドメを刺したのは織田徳川連合軍の騎兵や歩兵による槍や刀を使った突撃です。
ナポレオン時代に銃剣という武器が開発されて槍兵が姿を消します。これにより鉄砲を持ったまま歩兵も攻撃に参加できるようになりましたが、それは敵の攻撃を鉄砲で防いだ後、鉄砲の先に銃剣を装着して突撃するというスタイルで、槍が銃剣に変わっただけと言えます。
幕末になっても状況はあまり変わりませんでしたから、抜刀突撃は相変わらず有効だったのです。
火器が攻撃兵器の主流となるには連発式の銃が開発されるのを待たねばなりませんでした。自動小銃や軽機関銃のような携行して突撃できる火器が開発されて初めて戦場から刀が姿を消します

アバター

質問した人からのコメント

2018/5/29 15:14:43

皆様ありがとうございましたm(__)m

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

わっかさん

2018/5/2913:50:56

直前まで、鉄砲と言っても火縄銃。弾込めの間に、敵陣地に乗り込めてしまうからです。数も戦国時代より相当少なくなってるしね。
まあ長い長い戦争のない平和な期間(200年以上)に、戦う為の道具も戦術も、使われないまま錆び付いていたということです。

shi********さん

2018/5/2912:36:15

まず、

「鉄砲で武田騎馬隊を駆逐した」

というのは大分誇張が入っているな。

当時の火縄銃は、1回打ってから、2回目までにかなりの時間を要したし、命中率も低かった。確かに、鉄砲は一因だったとは思うが決定打ではなかったと思う。
柵やぬかるみが騎馬隊の機動性を阻止したとかいろいろな説があるな。

が、これが、幕末になると鉄砲の性能も一変する。
ミニエ銃になると、命中率や玉込の速さで格段の進歩をとげて、もはや刀の時代では無くなる、って事だな。
北辰一刀流の創始者 千葉周作も坂本竜馬に、「もはや、刀の時代では無い」 と話しているな。

まとめると、長篠が鉄砲の始まりで、幕末が刀の終わり、って感じだな。
ただ、その後の軍隊も軍刀や銃剣を武器にしていたので刀はしばらくは続くがな。

2018/5/2912:14:55

戦国時代の主力兵器は、すでに鉄砲で、射殺された首を取る事を冷え首と言って軽い戦功ですが、黙ってれば解らない訳です。
幕末も事情は同じで、ドラマや映画の様な訳には行けません。そう言うのは例外、で西南の役の薩摩兵と太平洋戦争の頃の日本兵くらいだと思いますが?

当然、常識的に考えると、銃器の方が有用なんだけど

西南戦争の時には
実は抜刀攻撃の急襲もそこそこ戦果あったんだね
薩摩は旧式の銃を使ってたので、雨の日は戦力として微妙で
仕方なく雨の日は白兵戦の抜刀攻撃を政府軍にしかけてたのだけど
これがかなり戦果を挙げて
鉄砲隊が抜刀攻撃にやられて敗走するってのがちょくちょくあったんだね
接近戦になると、政府軍は銃剣だったから、
刀に太刀打ちできなかったんだね
薩摩の抜刀攻撃に政府軍も、頭を抱えた結果
政府軍でも刀の有用性が見直されたんだね
それで急遽結成されたのが、
かの有名な警視抜刀隊という政府軍側の白兵部隊
これがまた、かなり活躍したんだね


まあ、そんな感じでその後も陸軍は帯刀してるよね
これはその時に、鉄砲に抜刀攻撃も
ある程度有用だということが証明されたんで
廃れていた剣術が見直されたんだね

u7m********さん

2018/5/2809:38:45

いくらなんでもさすがにずらっと鉄砲隊が並ぶ中を抜刀で斬りこんだりしてないと思いますよ。錦絵にはそのように描いてあるかもしれませんがね。
幕末の鉄砲は最初のうちこそ田舎の藩では戦国時代のままのものも多かったと思いますが、開国後洋式銃が急速に輸入され、殆どの藩兵は新式銃を主武器にしてます。ただ、その性能にはピンキリあり、火縄じゃなくフリントロック式になった程度の銃から、元込めの薬莢撃針式のものまであって発射速度や命中率に大差があった。でも金属薬莢を使った連発銃などはまだなく、弾の装填にはやはり時間がかかったので、接近戦ではまだ槍や刀が有効だった。当然、弾切れもあったろうし、火縄式じゃなくても雨が降れば火薬が湿り鉄砲は使いにくかった。だから刀を使う局面も多かっただろうと思います。
日露戦争ですら銃剣突撃が最後は有効だった。太平洋戦争でも日本陸軍は抜刀でバンザイ突撃した。
そんなもんです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる