ここから本文です

初めまして、建売住宅について 質問させていただきます。 今週気に入った物件...

mik********さん

2018/5/2902:09:23

初めまして、建売住宅について
質問させていただきます。

今週気に入った物件を見に行くのですが、よく欠陥がないか内装をよく確認する事と言われていますが、あまり建物に関して詳しくない

為私が見ても欠陥かどうか判断が出来るか不安です。

住宅を見る際に確認するべき事や注意するべき事
又担当者に聞くべき事はなんでしょうか?

仕様書などは内覧の段階のお客でも
貰えるのでしょうか?

あと、よく住宅診断?をした方がいいと言いますが、それはいつしてもらえばいいのでしょうか。内装を自分達で見に行ってから、住みたいと思えば住宅診断の会社に依頼してまた後日家を見せてもらう形でしょうか?

イマイチ順番や流れがわかりません。

今のところ、ネットで出てきた傾きを確認するビー玉とメジャーを持って行くつもりです。


ご質問ばかりで申し訳ありません。比較的安い物件ではありますが私にとって一生に一度の高い買い物なのでアドバイス頂けたら幸いです。

閲覧数:
291
回答数:
6
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tok********さん

2018/6/112:06:11

地場の小さな注文住宅のメーカーハウスなら、
欠陥住宅を作る可能性がありますが、

大量に建売住宅を作っている
施工から販売(一部販売委託)まで、
一貫している会社の場合は、
基本的には欠陥住宅は作りません。

そこまで悪い事をしなくても、
キッチリ家を作って、十分に利益を出せるからです。

それ以上に大量資材発注でスケールメリットを生かして、
利益を上げれるからです。

考えてみれば、わかりますが、
万一、欠陥住宅を作って、裁判まで発展した場合に、
あなたの家だけの修繕では済まないからです。

会社の経営者は、長く収益を得たいので、
消費者に嫌われる事や、悪いウワサは極力避けます。
そうなると、会社も潰れてしまいます。

でも、建物を作る大工(昨今、大工不足)が、
指示通りに作れてない(釘の打つ場所、本数)事は稀にあります。
でも、1兆円もある様な建売・販売会社の場合は、
自社が悪いと判断すれば、家の1つや2つの費用の赤字でも
被って改善します。それぐらい懐に余裕があります。

なので、建売を買う様な人は、元々、資金も無いのだから、
欠陥かを見つける人を雇う金すらもったいない。
そのメーカーを信じる方法のデーター集めならば、
自分自身でもできることです。

施工から販売までを、会社創立10年以上
20年、30年をおこなっている会社であれば、
揚げ足を取られる様な、ヘマはしません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sou********さん

2018/5/2920:35:03

うちは、建売新築を買いましたよ。

不動産屋と施行業者が引渡しで立ち会ってなんか不具合があれば連絡下さいと言ってくれましたよ。

4~5回ぐらい内覧しましたよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

rri********さん

2018/5/2914:43:14

建売の欠陥は分からないです。
メーカーを信用して設備や仕様の確認をするだけです。
また、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」や「住宅瑕疵担保履行法」の定めで、「構造上主要な部分」や「雨漏りを防ぐ部分」での瑕疵は10年保証されています。
以前と比べて欠陥住宅は減少しているので、購入後の保証やメンテ関係を注意して下さい。
メーカー側が独自に、給排水管やガス配管の破損・天井や床の破損は2年保証、照明や冷暖房の作動不良は1年、シロアリ損傷を5年などと定めていますので、保証書の内容をきちんと確認しておく事です。
不具合があれば、当然に補修を指示し、補修できない場合は損害賠償です。
施工前の建売であれば、基礎から木工事・断熱材の施工など現地で点検すると良いです。

hiz********さん

2018/5/2913:54:13

愚か回答ばかりで噴飯ものだ

筋交い量や書類なんぞ素人が見てわかるもんじゃない
いまどき、ビー玉ころがして欠陥見分けるなんぞ意味なし

新築物件には住宅診断も意味なし
診断士も同業者だ、誰が建てたかわからん中古住宅を診断することはあっても建てた同業者に面と向かって「欠陥です」と言うとでも思ってるのか?

建売は建物じゃない
立地を買う

建売じゃヘタクソ施工がつきもの
それは当然と考えることだ
住んで見なけりゃ不具合なんぞわかるわけがない

業者に確認することはただひとつ
購入後に不具合の対応をすること
アフターサービス・ケアの制度を確認すること

いくら確認したところで逃げる業者は逃げる

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

cbn********さん

2018/5/2912:30:36

①、新築建売分譲であり、耐震診断を自分でも書面の確認でできます。
其れには建築確認済証→中間検査済証→完了検査済証付き契約する。
契約前に筋かいが基準1.25≧か1.50倍≧あるかを図書で提示を求める。

②、工事中の経過を第三者の設計事務所へ監理を依頼しないと、目に
見えない欠陥や瑕疵部分は見極めは技術を要し、見逃しもで易いでま。
床の傾斜は、ビ-玉で確認はできますが、扉の傾き隙間も診ることです。

jam********さん

2018/5/2911:21:53

私もかなり前ですが、住宅を購入した時住宅診断をお願いしました。
確か三井の関係の業者さんですが、とても丁寧にやっていただいて、問題がないと太鼓判を押していただいて安心できました。

うちは中古での購入でしたが、天井に雨漏りの跡があり、そこの材質の湿度などを調べて、建築時の問題であり現在はきちんと修復されて問題ないとのことでした。
そこまでちゃんとやってもらえるんだなと信頼が持てました。

費用は5万ぐらいだったかな。
あとで後悔することを考えたら、5万は高くありませんでした。
リフォーム工事の関係者には、そんなのに5万!?みたいな馬鹿にした反応でしたが、気にしないことにしてました(笑)
不動産屋は快く調査に協力してもらえましたよ。嫌な顔するようなら信頼できませんね。

そうそう、この報告書は売却しようとした時に安心材料としても役に立ちました。
診てもらうタイミングは、業者に見積依頼をするときに相談してみましょう。

あと気をつけなければいけないのは、敷地の境界線にきちんと表示の杭やブロックが打たれているかです。
これがないと売買できませんが、中にはなくても売っている不動産屋がいます。
自費でやると、10~30万くらいかかりますので、必ず表示を確認してくださいね。

仕様書はもらえるか交渉してみるといいですね。
仕様書通りの設備かどうかのチェックも診断時にはやってもらえると思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる