ここから本文です

山岳遭難。 どれが正解ですか?

アバター

ID非公開さん

2018/6/201:57:18

山岳遭難。
どれが正解ですか?

健康志向で始めた登山。初めての山。気付いたら道を間違えいて下山開始予定時刻を超過。地図もコンパスも無くカンで闇雲に下山するもどうやら沢に入り込んだのは判った。遊歩道からはだいぶ離れているらしい。戻ろうにも脆い急斜面で登ることは滑落の危険アリ。

1、危険を承知でそのまま沢を下る
2、そのまま動かずにいつくるかわからない救助を待つ
3、滑落の危険をかえりみず、むりやり登ってきたルートを戻る
4、ほかにありますか?

※この質問はフィクションで、実際の某遭難事故とは関係ないです

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
534
回答数:
6
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

trd********さん

2018/6/208:59:49

突っ込みどころアリアリのご質問ですね^^
道迷いは迷った地点まで高い方に戻るのが鉄則と言われているので「3」ということになるのでしょうが、
3、滑落の危険をかえりみず、むりやり登ってきたルートを戻る
登ってきたルートではなく、下ってきたルートではないですか?
>戻ろうにも脆い急斜面で登ることは滑落の危険アリ。
滑落しそうなほど登るのが困難な急斜面ならそもそも下れません^^
そもそも初めて登る山の選択でそういう山に行くことがあり得ません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

tie********さん

リクエストマッチ

2018/6/220:14:35

4択では答えにくい。あえて言えばどれでもない。

日が没すればヘッドランプ点けるよりも,防寒着,防水着がある前提でその場でビバーク。うかつに動くのは怖い。

まだ日没よりもだいぶ前ならば下りてきた場所を逆に登り返す。あるいは,登りやすそうな尾根へ向けて斜面を四駆で登る。

tad********さん

2018/6/209:08:12

遭難=道を間違えたと解って谷筋を下るは、下の下。
滝など絶壁に突き当たって、行きも戻りもできなくなる。
来た道を帰るのが最前だが、パニックになってルートが読めなくなることがある。

その場所から、上方に行き、尾根筋など見晴らしのきく場所に行くこと。
エスケープルートの発見もでき、万一捜索隊ともコンタクトが取りやすくなる。

地図磁石の不携帯は、そもそも登山の資格などない。

sin********さん

2018/6/208:32:27

自力危機脱出が基本・・・③

プロフィール画像

カテゴリマスター

g10********さん

リクエストマッチ

2018/6/207:16:55

設定がおかしい
道間違えたらそのまま引き返して元の処へ行く
時間が超過、超過する前に帰れます

遅くから行くのは間違い

沢下るのもあながち間違いとは言えないけれど
滝は避けて下ります

尾根に基本は戻ります

沢越えて尾根乗り換えもしますから


道は間違えたら元に戻る
沢では無く下りは基本尾根
尾根辿って出来るだけ下れば滝が無くなったであろう
下流部では沢でもいい

素人ならビバークできるならビバークで動かなく助け待つのが良いが

暗くなる=もう遭難ですから

syu********さん

2018/6/202:08:10

2です。

予定時間を過ぎているという事は、もうすぐ暗くなることが予想されるので。
暗くなってからだと夜を越すための準備も出来ません。
まだ周囲が明るい内に、比較的平らで、雨風がしのげ、川が増水しても流されず、また、水を確保するのに沢からさほど遠く無い休憩適地を探します。

そこで一夜を過ごした後、明るくなってから対策を練ります。見晴らしが良く、山の上が見えるなら、ルートを探して登るのもありですが、私なら沢の近くまで降りて、より空が広く見える場所を探したら、枯れ葉を集めて燃やして救助を待ちます。

それ以上に、入念な準備をして遭難しませんけどね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

せっかくの機会が台無しです

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる