ここから本文です

イシガメについて質問です。甲長5㎝未満のイシガメの子供は水深どれくらいまで深...

apj********さん

2018/6/208:57:50

イシガメについて質問です。甲長5㎝未満のイシガメの子供は水深どれくらいまで深くしても大丈夫ですか?今はたぶん水深7㎝ぐらいですが、底砂利もあるので5㎝ぐらいでイシガメが手を突っ張って顔がでるくらいです

。水作のスペースパワーフィットMを縦に設置するとなると15㎝は必要です。溺れなければ大丈夫でしょうか?

閲覧数:
114
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pon********さん

2018/6/211:26:51

こんにちは。
※「ニホンイシガメ」の幼体~成体を20匹程飼育しており、
繁殖した幼体の育成も行なっております。

◇「ニホンイシガメ」の幼体は、
「クサガメ」や「ミナミイシガメ」の幼体に比しまして
かなり泳ぎが上手く、深めの水深で溺れることはかなり稀です。
→「クサガメ」と「ミナミイシガメ」の幼体は、
いきなり深い水深に投入しますと溺れる場合がしばしばですので
注意要なのですが…。

・幼体は、甲長4cm程度から80リットルの角タライで
水深を23cmにして飼育していますが、全く問題無しです。

・強めの水中フィルター (Rio+) のヘッド部のみを設置し
水流を作っていまして…吐出口付近の一部が、
かなり強い水流になっていますが、溺れたことはありません。

→よって、上り易い陸地さえ設置すれば、
水深15cm~20cmでも、全く問題は無いでしょう。

※但し念の為ですが…いきなり水深をアップせずに、
様子を見ながら少しずつ深くしていくのが良いでしょう。
一気に水深をアップする場合、最初の最低15分間は
付き添って、問題無く浮上して息継ぎを行なえるか確認しましょう。

◇お節介ながら…
砂利の使用はあまり推奨出来ません。
底床部に砂利等の自然なアイテムが有った方が見た目が良く、
足掛かりとなり水底を歩き易くて、且つ「負担の減少」から、
爪の育成にも多少のメリットはあるのですが…
トータルでは、何も敷かずに容器の材質のままがお勧めです。

・砂利は、排泄物や餌の残りの様な汚染物質の
溜まり場となり、細菌や真菌と言った「雑菌の温床」となって、
飼育水を短時間で著しく汚します。
少しでも掃除をサボりますと、皮膚病や甲羅の感染症に
罹患する可能性が大幅に増大してしまいます。

こんにちは。
※「ニホンイシガメ」の幼体~成体を20匹程飼育しており、
繁殖した幼体の育成も行なっております。...

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ksb********さん

2018/6/220:08:09

溺れないように足場を何個か作ってあげれば良いと思います。
小さい時は水草に絡まって溺れてることもあるので
出来るだけ「浅い」に越したことはないと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる