ここから本文です

保険について超初心者の20代です。

アバター

ID非公開さん

2018/6/415:22:29

保険について超初心者の20代です。

生命保険の加入を考えているのですが、掛け捨てと貯蓄型がよくわかっていないので教えて下さい。

終身保険について例えば
⚫60歳までトータル200万円払込の貯蓄型と
⚫90歳まで払込の掛け捨てで給付金300万

では、貯蓄型の方が必ずお金が戻ってくるので貯蓄型の方が良いと思うのですが、掛け捨てのメリットはなんですか?
安いといっても差額は月2000円程度ですし、90歳越えて長生きしてしまったらなにも残らないし…


医療保険について例えば
⚫65歳までトータル150万円払込の貯蓄型で、使わなかったら150万円そのまま返戻、もし10万円保険がおりれば140万円の返戻ですよね?マイナスになることがないので貯蓄型の方がいいと思います
⚫一生掛け捨てで支払った場合、何度も入院しない限り大体がマイナスになると思います

掛け捨てのメリットはなんですか?

わかりにくい説明ですみません。

閲覧数:
205
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

swf********さん

2018/6/417:29:16

>>>
⚫60歳までトータル200万円払込の貯蓄型と
⚫90歳まで払込の掛け捨てで給付金300万
では、貯蓄型の方が必ずお金が戻ってくるので貯蓄型の方が良いと思うのですが、掛け捨てのメリットはなんですか?


後者の保険は保障期間が90歳までの定期保険のようですね。
掛捨てのメリットは保険料の安さ(家計の中の固定費を削減できる)と見直しのしやすさ(収入・生活の変化に対応しやすい)だと思います。
今回は差額は2千円とのことですが、これも10年、20年と積もっていくと、それなりの金額になります。
また貯蓄型保険は例えば加入して例えば5年後とかに辞める場合(加入時はずっと契約し続けると思っていても人生何が起きるか分からないものです)、元本を大きく割ります。掛捨てを解約しても、貯蓄型保険ほどダメージは受けません。

(例)オリックス生命
①貯蓄型保険 保険金500万 60歳払込完了
例えば5年後に解約する場合、支払保険料総額は54万円です。
解約返戻金がいくら戻ってくるか詳細は保険会社に確認をお願いしたいですが、元本の半分戻ってきたとしても27万円のマイナスになります。
②掛け捨て保険 保険金 80歳まで
例えば5年後に解約する場合、支払保険料総額は10.5万円になります。
解約返戻金はないので、10.5万円のマイナスとなります。



>>>
⚫65歳までトータル150万円払込の貯蓄型で、使わなかったら150万円そのまま返戻、もし10万円保険がおりれば140万円の返戻ですよね?マイナスになることがないので貯蓄型の方がいいと思います
⚫一生掛け捨てで支払った場合、何度も入院しない限り大体がマイナスになると思います

貯蓄型保険、掛け捨て保険、それぞれにメリット・デメリットがあり、どちらが一方的に良いということはなく、消費者のお金の状況や価値観等によって、選択すればよいと思っておりますが、前者の場合、65歳まで払い続けられるという前提であれば、おっしゃられる通りだと思います。でも貯蓄のために医療保険に加入するのか、長期入院等の万一時の経済的リスクに対応する医療保険に加入するのかで、必ずしもこの貯蓄型保険が万人に向いているというわけでもありません。お金の価値が変動することや医療事情を知っている方ならなおさらかもしれません。

掛捨てでも貯蓄型タイプの医療保険であっても、医療保険は入院してもしなくても、支払った保険料分の元をとることはなかなか難しいですが、それでもやはり加入する価値のある人・タイミングはあると私は思います。現役時代のがん保険(自由診療でかかる費用を全額出してくれる保険)や長期入院に対応している保険などです。

  • swf********さん

    2018/6/509:24:43

    calさんの投稿内容についてです。よこやりすみません。


    >「貯蓄型なら、生存したら200万、死亡したら300万
     掛け捨てなら、生存したらマイナス150万、死亡したら150万」

    この計算自体が間違っているように思います。

    yasさんのオリックス生命の例での比較で言いますと、保障内容自体が違うので単純な比較もできないかなと。


  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

miu********さん

2018/6/509:10:53

生命保険は、掛け金の30-50%(人によっては20-60%)が、保険金にも満期払戻金等にもならない、加入者に還元されないお金になります。つまり 販売手数料や保険会社の経費と儲けに消えるのです。

なので 【 基本的に損な賭け 】です。満期に掛け金総額以上が戻ると言っても、残った50-70%を運用して その金額にするだけです。なので15-30年かけても 戻り金は110-130%程度です。年平均にすると 1.0-1.5%程度の低運用利回りです。

掛け捨ては 消えるお金が30%程度と、加入者に還元される率が 通常高いのです。比較が簡単で競争が激しいためです。特約等ついて 複雑な保険ほど、他の保険との比較が困難なため50%に近いお金が消えます。

掛け捨てとの差額を ご自身で運用されれば、年平均3-4%で運用する事は それほど困難では ありません。1.5%と3.5%では 10-30年ですごい差になります。

波乱に負けない分散投資 積み立てでコツコツ (グラフC参照)
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO90941110V20C15A8PPE001/

例えば1.5%と3.5%では 10-30年ですごい差になります。たとえば一括払いとして(^はべき乗です。毎月払いは 計算が複雑になります。差は縮小しますが)

1.015^20年=1.347倍 (約35%増える)
1.035^20年=1.990倍 (約倍になる)

保険会社社員の大半が、団体で入るシンプルな掛け捨て保険にしています(団体保険の方が掛け捨てでも 条件がより有利になる例が多い)。掛け捨て以外では、不利なのが わかっているからです。

なので 【 期間限定で必要最小限で、掛け捨てでかける 】のが正解です。どの金融専門家も そう言ってます。また 終身保険の7割くらいが やむを得ず途中解約するそうです。長い人生の間には 解雇や離婚等あるためです。満期前解約は 当然前述の1.0-1.5%の低利回りをも下回ります。早期だと 元本割れも。

それから独身者は、そもそも不要だと思います。保険は大変失礼ながら 相談者さんが亡くなって 経済的に困る人がおられないなら、本来不要です。女性でしたら お子様ができてから、男性でしたら 結婚されてからで、十分です。

「若いうちから入っておくと 以後の保険料が安くなる」と言われるかも知れませんが、確かに安くなりますが、上記のように30-50%引かれて 残りを運用されるだけですので、非常に効率が悪いです。

yas********さん

2018/6/502:38:18

https://zuuonline.com/archives/185527

掛け捨ては少ない保険料で大きな保障を得る事ができるということだと思います。
例えば自動車保険や個人賠償責任保険は、掛け捨て保険ですが、万一時が起きれば最高で何億円という保険金がおります。
死亡保険においても同じで、少ない保険料で大きな保障を得ることができるのは掛け捨て保険であり、このニーズに合致する消費者は多いと思います。



cal********さんが出されている数字についての補足です。計算に正確性が欠けていてご質問者様の誤解を招きかねないと思いましたので、こちらで訂正させていただきます。

24歳の場合
貯蓄型保険 終身保険ライズ(オリックス生命)
保険金額200万円 60歳払い込み満了
総支払保険料159万円(保険料3682円/月)
60歳時点での解約返戻金172万円(解約返戻率108.1%)

掛け捨て保険 定期保険ファインセーブ(オリックス生命)
保険金額300万円(200万円の設定不可) 90歳満了
総支払保険料128万円(保険料1620円/月)
解約返戻金なし

物価が変動しない(現在の財布を基準)として、将来のお金を比較します
①36年後(60歳時点)に生存している場合
貯蓄型
得したお金=受け取れる保険金172万円-総支払保険料159万円=13万円のプラス

掛け捨て
損したお金=受け取れる保険金0円-60歳時点の総支払保険料66万円=66万円のマイナス

②36年後(60歳時点)に死亡した場合
貯蓄型
給付金200万-総支払保険料159万円=41万円のプラス

掛け捨て
給付金300万-60歳時点の総支払保険料66万円=234万円のプラス


cal********さんは、
「つまり、死んでも死ななくても、貯蓄型が有利。」
と書いていますが、
計算を正しくやり直すと、
生存した場合は貯蓄型が有利で、
死亡した場合は掛け捨て型が有利ということになります。

掛け捨て型が貯蓄型より保障が薄くなるということではありません。
また、cal********さんは、「貯蓄型は早期解約すると元本割れするから良くないも否定できます」と書いていますが、否定するのはなかなか困難なことだと考えます。

1年後の解約返戻金は50%もないと思います(低解約返戻金型なのでなおさらないと思います)が、仮に50%だった場合、

貯蓄型
マイナス2.2万円

掛け捨て
マイナス1.9万円

となり貯蓄型の方が損

他にも
「掛け捨て+運用が貯蓄型に勝つには、ざっと利回り5%が必要。挑む動機がないです。」と言われていますが、お金に詳しい人が5%を挑む動機がないと断言するのは、ちょっとどうなのかなと疑問です。「万が一より日常を優先して、貯金すべきでしょう」という言葉は一理あるのですが、「掛け捨てなんかしていたら老後破綻します」という言葉は、収入がそれほど多くなく、日々の生活がかなり苦しい人に対しても(ここ日本でも生活が苦しい人は大勢います。寡婦家庭も増えていますし)、貯蓄型保険に入らないといけないという言葉は脅しのようにも聞こえます。保険に入らないと大病した時に困るよ的な営業トークの一つのような感じです。


よって「掛け捨てにメリットなし」。というcal********さんの考え方はいわゆる考え方が偏っており、FPの提案としては珍しいものと言えるかもしれません。



以上、掛け捨てと貯蓄型の比較をしていますが、この比較自体もあまり現実的ではないように思います。理由は下記の通りです。
イメージとしては、掛け捨て保険は現役時代の死亡保障等を少ない保険料でカバーするもので、子供が独立したりして、ある程度家計に余裕ができたら、終身保険等に変換された方が確実にお金が入ってくるという意味では消費者の目的に適っている場合が多いです。したがって、定年後以降もずっと掛け捨て死亡定期保険をかけ続けることは考えにくく、途中で解約や契約変更など見直している可能性が非常に高いと思われます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

cal********さん

編集あり2018/6/506:55:45

掛け捨てに、現実的なメリットはないです

質問文から、下記の比較を想定します。

貯蓄型
保険料 毎月5000円
保障 300万

掛け捨て
保険料 毎月3000円
保障 300万

次に、現在の財布を基準として、将来のお金を比較します

①40年後に生存している場合
貯蓄型
200万

掛け捨て
マイナス150万

②40年後に死亡した場合
貯蓄型
給付金300万

掛け捨て
給付金300万-保険料150万=150万

つまり、死んでも死ななくても、貯蓄型が有利。

掛け捨てのメリットとして、「少ない保険料で賢く保障」と言われますが、「保障-保険料累計」が受け取る実質的な金ですから、どう足掻いても貯蓄型より保障が薄くなります

似た理由で、「貯蓄型は早期解約すると元本割れするから良くない」も否定できます。

1年後に解約し、返戻率が50%だったとしても、

貯蓄型
マイナス3万円

掛け捨て
マイナス3万6000円

となり掛け捨ての方が損。

その他、

「貯蓄型の運用利回りは低い。保険と貯蓄は分けるべき」
「お金に余裕がないなら掛け捨て」

等が定番ですが、論理性にかけます。
前者は、掛け捨て+運用が貯蓄型に勝つには、ざっと利回り5%が必要。挑む動機がないです。
後者は、その程度の余裕もないなら、掛け捨てなんかしていたら老後破綻します。万が一より日常を優先して、貯金すべきでしょう

計算すれば明らかなのに誤解する人が多いのは、「元本割れは過剰に嫌がるが、利用料(保険料)はゼロと見なしたがる」日本人の国民性ですね。

「掛け捨てのメリット」「貯蓄型のデメリット」の根拠とやらは、「掛け捨ての保険料」が計算に入っていない単純ミスが大半です

よって「掛け捨てにメリットなし」。

(医療保険については、貯蓄型というかメディカルキットRの性質上、少し話が変わります)


【名指しで、誤った反論を受けましたので補足します】

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nag********さん

2018/6/416:15:29

★死亡保険の定期

定期は一定期間の高い保障を安い保険料で買える。
子供独立までや借金返済日までなど

必要な保障は何か?いつまで?いくらか?
これに合わせて保障を組む。

基本的に終身は、
死亡での保険金欲しいなら
長く安く払う。

生きてるうちに解約返戻金も使いたいなら
運用期間を長くするとメリットあるから、10年など短く払う。

特に今は利率やリスク分散など考えて外貨で考える。

将来の見える化をして、
保障を考える。

定期と終身を組み合わせて、保険料のバランス取る。

20代の今は、想像ですが、
独身、子ナシでしょうから。

終身を短期払いで、積み立てしながら葬儀代+αを保険金にして、死亡や解約返戻金を使えるようにしておくと良いです。

どっちが良いじゃなく!
あなたの必要な保障に合わせる事が大事。
どんなことにもメリットやデメリットある。

★医療保険
今のまま、医療も保険も制度もお金の価値も変わらない前提なら?
あなたの言う通り。

しかし、どうでしょうか?
時代に合ってない医療保険に入っていて安心ですか?

40年とか変わらない?
少し疑問です。

医療保険は、様々な変化に対応させて有利に万が一に幅広く備えるべき。

見直しありきで考えないと、保障もイマイチ。戻っときたお金もイマイチ。

高い保険料だから、解約や見直しは損。

しかも、65歳とかで満期金もらって、引き続き高い保険料を残り30年払ったら?

仮に満期金もらって無保険でいいと言う人も居ますが、
今のままの制度ではない事を無視してますよね?

結果的に掛け捨てが安くなるマジックに気がつくべき。

70歳から医療機関にお世話になる方が多い事実。

早死しても損だし。

結果、掛け捨て医療保険の終身払いで見直しできる状況を作れる事がメリット。

貯蓄型は64歳で死んだら?
払い損にもなるし。

jun********さん

2018/6/415:43:07

終身は死んだら必ず受け取れます。
よって、90歳までの保険は、終身保険ではありません。
子供が、修学時なら、学費の足しになるでしょう。

私は医療保険は必ず入っておいたほうが良いと思います。
若い時なら掛け金も少ないし、あくまで保険です。
貯蓄型保険の150万は、保険金が少ないと思いますが…
加入者に都合のいい保険はありません。

どこで妥協するかですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる