ここから本文です

農業関係者は、自公政権の大規模化よりも、旧民主党政権が進めた戸別補償のほうが...

m_b********さん

2018/6/612:16:40

農業関係者は、自公政権の大規模化よりも、旧民主党政権が進めた戸別補償のほうが良かったのでしょうか?

閲覧数:
31
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuj********さん

2018/6/1012:56:22

いいえ、全くダメな政策でした。

ヘイトという訳では無いので、具体的に二つの点を理由にお答えします。
・戸別補償や減反政策が結果として「大規模化」を阻害してしまった。
→農水省も失策だったと認めています
・専業農家、兼業農家の区分けなく一律に補助金を配った。
→兼業農家は、単純に補助金収入が増えた為、副業が儲かるという事になりました。
結果、農機具の更新などが補助金で出来る為に集約化、大規模化が進みませんでした。
更に付け加えるなら、公務員の副業は唯一「家業」であれば認められていますので、公務員をしながら、農業を行い、副収入で「補助金」を貰うと言う、いわば「税の還元」が起きました。
公務員だけを例に挙げて申し訳無いですが、税の還元を個人に行っている現状が、本質的な税の使い方に疑問を持つべき点だと思います。
つまり、政策的、票集め的な「バラマキ」であったと言うことです。結果論かもしれませんが、戸別補償は失策中の失策です。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yat********さん

2018/6/612:54:40

将来的には大規模化が正解でしょう
小さな農家もどきは見捨てた方が合理的です
国家戦略としては、そうするべきです

まあ捨てられる側はたまったもんじゃないですがね(;´・ω・)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる