ここから本文です

メッキについて。 金属にメッキする事により防食、装飾の意味があるらしいです...

mil********さん

2018/6/614:56:13

メッキについて。

金属にメッキする事により防食、装飾の意味があるらしいですがメッキしなくても装飾加工など出来ないのでしょうか?
メッキ工場で働く事になったので詳しくメッキについて

知りたいです。
あとプラモデルの塗装で誰しもが憧れるメッキ塗装。とありますがプラモデルにメッキ塗装したらどうなるんですか?

よろしくお願いします。

閲覧数:
91
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aka********さん

2018/6/918:24:07

めっき工場で働くことになって、知識や技術をお求めになるならこんなところでど素人から無責任で間違った知識を得ても毒なだけです。

大阪のめっき組合発行の「やさしいめっき読本」や「トコトンやさしいめっきの本(日刊工業新聞社)」「めっき技術の基礎(ナツメ社)」
辺りからお読みになられると良いでしょう。

先輩社員や上司からは技術の勉強についてどう指示されましたか?
めっきの技術と言う物は、こんなトコで子供みたいな質問をして素人からの回答で解決できるような物ではありません。

>ただ専門書には大抵ニッケルメッキは装飾的なもので防錆効果はない見たいにかかれていますが
「正確には防錆効果が高くない」ですね。
鉄や銅などの素地その物よりは耐食性はありますからね。

ただ、一言で「ニッケルめっき」と言いますが、用途に合わせて何種類物も液があり、一概に語ることはできません。
(ワットに始まりストライク、トリ、シール、サチライト、スルファミン酸etc.
そのワットも無光沢、半光沢、光沢とあり、それぞれの存在に意味がある。)

しかもニッケルだけではすぐに被膜が曇ってきます。

>クロムは多孔質なので、うまく重ねないと効果が半減します
多孔質なのは合っていますが、それ(多孔質)故上手く云々はありません。

私は良く形容するのですが、「ニッケルめっきの耐食性は鉄筋コンクリートのようなもので、芯の無いコンクリ作りの様な物で、クロムめっきを施す事で意味や値打ちがある物になる」と。
(もちろん、ニッケルめっきのみクロムめっきのみも意味のあるめっきですが、こと 耐食性に限れば2層めっき(時には3層、4層)にしてこそ意味がある。)

これが装飾クロムめっき(Ni-Crめっき)です。
その中でも屋外使用部品などは「W-Ni-Cr」「トリNi-Cr」「ポーラスクロム」等が施され、外観からはわかりませんが、非常に高耐食のNi-Crが施されます。

ニッケルめっき止まりで意味があるはブスバーなどの通電がある物だけですね。
対してクロム(硬質クロム、ハードクロム、工業用クロム)めっきはシリンダーや金型、シャフト、ロール等の摺動や接触のある物に有効です。

>金メッキの下地はニッケルメッキですが
>3ミクロンのメッキを掛けることをニッケル3号と指示したりします
なぜ金めっきの下地を例にとる必要があるのかわかりませんが、「3号」と言うのは羽布の有無を示す記号です。
そもそもその言い方も非常に稀、稀有で私は実務で見聞きした覚えがありません。

>プラスチックなどの樹脂には電気めっきが効きませんので真空蒸着という手法でメッキします
樹脂に通電しないので電気めっきが出来ないのは合っていますが、通電出来るように特殊な処理をし無電解Niめっきを施し、その上に電気めっきを施します。
処理量で言えば湿式めっきより蒸着等の乾式めっきの方が少ないと思います。

私は乾式めっきには知見がありませんので、多くは語りません、語れませんが、カテマスと言ってもこの程度です。
「自分も詳しくは無いのですが」って詳しくないなら出てこなきゃいいのですが…。

辛辣の書き方ですが、業界人として間違った知識を喧伝されたくもないですし、間違った知識で業界人が育って行って欲しくないが故 ご理解お願い致します。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

eps********さん

2018/6/720:01:51

金属メッキには
電気めっきと無電解メッキとがありまして・・・
と解説してもいいんですが
これはやっぱりWikipediaの該当の項
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%81%E3%81%A3%E3%81%8D
をお読みになるか
大きな書店で専門書をお読みになったほうが言いかと存じます

ただ専門書には大抵ニッケルメッキは装飾的なもので
防錆効果はない
見たいにかかれていますが
経験から申し上げると、クロムのほうが防錆に優れているというだけで
書籍に書かれているほど、防錆効果がないわけではないです
またクロムは多孔質なので、うまく重ねないと
効果が半減します
金メッキの下地はニッケルメッキですが
3ミクロンのメッキを掛けることをニッケル3号と指示したりします

プラスチックなどの樹脂には電気めっきが効きませんので
真空蒸着という手法でメッキします
真空の釜の中でメッキ幕にしたい金属を熱するのですが
真空なので熱が伝わらず、プラスチックが溶けることなくメッキできます
俗に一釜2万円などといいまして 一回のメッキでは
お釜を借り切るコトになるので、2万円を個数で割るという料金設定になります

gr4********さん

2018/6/621:35:53

表面を金属皮膜で覆うめっきは金属の表面処理方法の一つで、腐食・摩耗に対する耐性の向上や、装飾などのために用いられます。
被膜の作り方で、金属イオンを含む溶液中で電気的・化学的に行う湿式めっきと、蒸着等による乾式めっきなどの種類があります。
また金めっきは装飾だけでなく、電子回路部品の通電を良くする効果もありますね。

もちろん表面処理方法はめっきだけではありません。
装飾性の向上としては、磨いて鏡面に仕上げる研磨、逆に凹凸をつけたりするエッチングなどが該当しそうですし、アルミに酸化被膜を作って保護するアルマイト処理の際に染料を併用すれば、カラフルで装飾性の高いアルミになります。

もちろん表面に樹脂等の被膜を作る塗装も、腐食や装飾性を向上させるものと言えます。

プラモデルへの適用について。
めっきと塗装は別物ですので、PP樹脂などのプラスチックへのメッキ、又はめっき調に仕上がる塗料による塗装のどちらかだと思います。
いずれもプラスチックでありながら、金属的な光沢、質感が得られるという効果があります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ken********さん

2018/6/615:55:31

自分も詳しくは無いのですが、金属が溶解したメッキ液に、電気の力で溶け込んだ金属イオンを対象物にメッキする方法が1つ。後は真空チャンバーに対象物を入れて、ニクロム線でアルミニュームを加熱蒸発させて、その金属蒸気が対象物に触れることでメッキされる方法がありますね。

プラモデルには「メッキ調塗装」する場合と、「真空蒸着」でアルミニュームでメッキするふた通りの方法があります。
バイク模型やカーモデルのメッキパーツは、「真空蒸着」でメッキされたものですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる