ここから本文です

フランス革命時のヴァレンヌ逃亡事件について 失敗したのは国王夫妻が無意味なこと...

cap********さん

2018/6/908:44:05

フランス革命時のヴァレンヌ逃亡事件について
失敗したのは国王夫妻が無意味なことで時間を浪費して、到着が遅れたというのは本当ですか。

迎えに来ていた兵たちが待ちくたびれて帰ってしまった、とベルばらには描かれていました。
なぜ遅れたかは一切触れられていませんでした。

閲覧数:
271
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

il_********さん

2018/6/1118:27:54

「国王夫妻が無意味なことで時間を浪費して、到着が遅れた」
これは本当です。既に回答されてる通り、当事者の危機意識のなさが最大の原因なんですが…。
派手で鈍重な馬車に、無駄に重い贅沢な備品をこれでもかと乗せ、さも「捕まえて下さい」と言わんばかりの逃亡劇には首をかしげるばかりです。いくら世間知らずとは言え、ここまで能天気なものなのか…(?_?)

このミステリーには、フェルセンが一枚も二枚も噛んでいる可能性があります。
〔以下の話はあくまでも推測の域ですが…。〕
________

この逃亡プランを練ったのはフェルセンです。もちろん、ルイ16世やマリー・アントワネットと比べて状況を的確に判断できたでしょう。そのフェルセンが、国王一家の贅沢にかこつけて上記の鈍重な馬車を用意しました。
実はそれとは別に、フェルセンは機動力のある目立たない馬車も用意し、マリー・アントワネットをそれに乗せる予定でした。「周囲に怪しまれないよう、国王と王妃は別々に行動するように」と提言したのです。

でもこれって、
【主体的な判断力の乏しいルイ16世を囮にし、実はマリー・アントワネットだけを助けるのがフェルセンの狙いだった】のではないでしょうか?
フェルセンが命がけで守りたかったのはマリーであって、国王家でもブルボン王朝でもありませんでした。

しかし、マリーはなぜか別行動を拒否。国王と共に鈍重な馬車で逃走する事を選択しました。その決断を見たフェルセンは不安ながら一行と別れ、逃亡先での再開を願うばかり。
……が、結果は案の定。これがフェルセンとマリーの永遠の別れとなりました。

いかがでしょうか?

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tkf********さん

2018/6/1022:43:42

ヴィトンショップに立ち寄っていたからだと
思います。間違いないですよ。

aja********さん

2018/6/909:10:27

追っ手がかかっているのを知りながら、ワインだの調理用の暖炉だのを持ってゆっくり移動したり、豪華な食事を庶民に見せびらかしたりしてます
国王一家を迎える護衛隊も、住民から怪しまれて散ったりしています。待ちくたびれたのも確かでしょう。住民たちと一緒に飲んだりしてますから

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる