ここから本文です

投票受付終了まであと7日 ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

一般財団法人 日本鯨類研究所は政府から2種類の援助を貰っていますが、

kid********さん

2018/6/1105:08:19

一般財団法人 日本鯨類研究所は政府から2種類の援助を貰っていますが、

国庫補助金と助成金は両方とも水産庁から受け取っているのでしょうか?

よろしくお願いします。

閲覧数:
18
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

回答

1〜1件/1件中

kuj********さん

2018/6/1506:02:39

(質問の意味が良く分からないが・・)

たとえば平成29年度予算で財団法人日本鯨類研究所と共同船舶に
約45億円(=1,296百万円+2,573百万円+341百万円+346百万円)の税金投入と
約14億円の金融機関貸付が行われている。合計約60億円。
つまり年間約60億円のカネが財団法人日本鯨類研究所と共同船舶に入っているってこと。



平成29年度農林水産予算概算要求
www.maff.go.jp/j/budget/2017/attach/pdf/index-39.pdf
①鯨類資源持続的利用支援調査事業(くじら基金)1,296百万円・・副産物収益金から返納(ただし全額返納が努力規定なのか義務規定なのかは分からない)
②金融機関貸付:1,404百万円・・副産物収益金から返金
③鯨類捕獲調査円滑化等事業費2,573百万円・・本線
④鯨類資源等持続的利用国際推進事業341百万円・・ロビー活動費
⑤鯨資源調査等対策推進費346百万円・・POWER/IWC共同船舶用船料と鯨研DNA登録手数料

(※)
財団法人日本鯨類研究所
www.icrwhale.org/
共同船舶(≒日本捕鯨協会)
www.kyodo-senpaku.co.jp/
www.whaling.jp/

  • kuj********さん

    2018/6/1506:12:56

    なお平成30年度は
    約45億円(=454百万円+3,757百万円+346百万円)の税金投入と
    約22億円の金融機関からの借り入れ
    つまり合計約67円のカネが財団法人日本鯨類研究所と共同船舶に入っている。



    平成30年度農林水産予算概算要求
    www.maff.go.jp/j/budget/attach/pdf/170831-96.pdf
    ①鯨類資源持続的利用支援調査事業(くじら基金)454百万円・・副産物収益金から返納(ただし全額返納が努力規定なのか義務規定なのかは分からない)
    ②金融機関貸付:2,246百万円・・副産物収益金から返金(日本政府が保証人なのだからそりゃまあいくらでもホイホイ貸すわな)
    ③鯨類捕獲調査円滑化等事業費3,757百万円・・本線
    ④鯨類資源等持続的利用国際推進事業0百万円・・ロビー活動費
    ⑤鯨資源調査等対策推進費346百万円・・POWER/IWC共同船舶用船料と鯨研DNA登録手数料

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる