ここから本文です

モンテクリスト伯 最終話 入間の妻が自殺した後に、 真海は、赤い毒の瓶を手...

eth********さん

2018/6/1512:08:38

モンテクリスト伯
最終話

入間の妻が自殺した後に、
真海は、赤い毒の瓶を手に取り
入間の父に何か話しかけて
最後に「わかりました」と言って瓶を置いて立ち去りましたが、
その辺りの

言動は、どう解釈したらよいのか教えて下さい。
またあの毒は、どういった類のものでしょうか?

閲覧数:
2,783
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ori********さん

2018/6/1616:20:26

入間貞吉が目で会話出来るので、【全ての見届け人】として、【あとは自分が警察に証言する】ということを、
直前の貞吉の部屋で真海に言ったのではと思ってます。

貞吉が【あとはこちらに任せて】という意思を汲み取り、【分かりました】と言った気がします。

貞吉の一番大切な未蘭を真海は救ってくれた恩人であり、
真海=暖だということは、貞吉が暖に、【みらん あした ころされる】と伝えた時には知らなかったでしょう。

この復讐劇の始まるきっかけを作った要因が貞吉のククメットに対する巨額な資金提供であり、
暖や、自分の息子である公平や、その家族や、多くの犠牲者を出す巻き込み事故のような結果となりました。

貞吉と真海のやり取りはそういうものだと解釈しました。

質問した人からのコメント

2018/6/21 16:07:55

お二方ともどうもありがとうございました。

「モンテクリスト伯」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tac********さん

2018/6/1611:35:34

あの毒は過去に公平の前妻(未蘭の実母)や婚約者にも使われ、それぞれの事件が起こった際には入手経路を深く追求させずに公平が収束を図ったモノですよね。
それが今回自宅から見つかったとなれば、当然警察は入間家で唯一まともに話の出来る「未蘭」にしつこく事情聴取するでしょう。孫が可愛い貞吉はそれを避けたくて真海に処分を依頼したのではないでしょうか?

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる