ここから本文です

モンテクリスト伯。最後の最後に心温まる物語だった。 すみれの愛だけ手に入れ...

snu********さん

2018/6/1516:13:22

モンテクリスト伯。最後の最後に心温まる物語だった。

すみれの愛だけ手に入ればもうそれでいい。

南条と神楽の命は助けようと思っていた暖は
自分のプロポーズをすみれが受けたのは夫南条を助けるためだと気づく。
すみれは復讐の為に心を凍らせてきた自分の唯一の光だったのだ。
絶望の淵に立たされた暖は生きる気力さえ失いマッチで火をつける。
しかし、せめてもの償いなのか、かつての親友を見捨てられなかったのか
火の海に飛び込んで、大やけどを負いながらも暖を助けてしまう南条。
執事がもらった飛行機のチケットは暖を外国へ逃がすために使われた。
一見、南条と神楽のクズっぷりを強調するために
差し込まれたように見える警察署でのシーン。
実は、死体が見つからなく不審がる警察の
捜査の手が暖に及ばないように、暖は死んだのだと証言するシーンだ。
「死んでくれて正直せいせいする」と二人は暖をかばって証言した。

だからこそのラストシーン。右腕は包帯ぐるぐるだが
穏やかな顔つきの暖。復讐心は消え、凍っていた心は溶け、
ここからは幸せに向かうだろうと希望を抱かせる
シーンにグッときたのでした。
みんな、ドラマの表面だけをさらーっと見て、物足りないだの
設定がありえない不死身か!って言ってるけど、なぜそんなに
読解力がないのか教えてください。

閲覧数:
1,074
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nin********さん

2018/6/1516:16:50

みんな馬鹿なんでしょうね
モンテ・クリスト伯の公式
TwitterやInstagramを
見ればそこのリプ欄から
まともな感想が書いてあります

ただ、私は瑛人とじいさんの
行く末も知りたかったです

  • 質問者

    snu********さん

    2018/6/1614:18:38

    情報ありがとうございます。
    そちらに行ってみますね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

con********さん

2018/6/1518:22:05

暖はもはや、すみれの愛を再び得ようなどとは思っていなかったと
思います。自分もかつての暖には戻れないことを、そんな暖を
すみれもかつてのようには愛してはくれないであろうことを
知っていたのだと。
なので、すみれの「はい」の返事は、少なくともすみれがまだ
「愛することのできる」すみれでいてくれたことの確認だったと
思います。
それだけ確かめることができれば、あとはすみれも自分も、
新たな人生に踏み出せると思ったのでしょう。
暖を陥れた連中は、“冤罪”ではなく事実犯した罪によって
裁かれることになり(入間は廃人ですが^^;)、愛梨も
復讐の呪縛から脱することができたようですし、
「オヤジ」ことファリア真海が「あいつはいい奴だった」と言った
貞吉さんも(あんな状態だけど)救われただろうし、
信一郎君は未蘭ちゃんと歩んでいくだろうし、土屋も今後は
善行を積んで(その喜びを知ったようなので)報われる日がくるかも
しれない。
唯一懸念されるのは、瑛人くんでしょうか。いい人に育てられれば
いいのでしょうけど、あのままでは歪んでいく恐れが甚だ…(T_T)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

amr********さん

2018/6/1517:09:08

ご都合主義のおバカドラマなんて、みんなまじめに見てないってことだと思いますよ 笑

for********さん

2018/6/1516:28:03

すみれが復習を開始するとか
執事が黒幕で真海を操っていたとか
もう一捻りあってバッドエンドを期待していたので。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる